体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お店はアパート下? 京都左京区の隠れた名店で紹興酒片手に創作中華を満喫しチャイナ【上海バンド】

f:id:mesitsu_la:20150930184641j:plain

~ライター川上のある日の出来事~

わたし:ご飯なに食べましょう。

先輩:中華とかどう?

わたし:いいですね~。この近くに中華料理屋さんあるかなぁ?

先輩:おっ、それなら本格的な中華が食べられる、いい場所があるよ~!

f:id:mesitsu_la:20150930184629j:plain

と、先輩に連れられて到着したのは、京都市内でも“ディープな場所”とされている左京区は元田中。

市内の北を走るローカル線、叡山電鉄の元田中駅から「東大路通」という大きな通りを南に直進し、3分ほど歩いたら見えてくる「田中里ノ前交差点」を右に曲がると……

f:id:mesitsu_la:20150930184630j:plain

わたし:ここ……ですか?(疑いの目)

先輩:うむ。私が京都でいちばんおすすめの中華料理屋さん、『上海バンド』だ。行くぞ~!

わたし:は、はいッ!(確かに看板はあるけれど……)

f:id:mesitsu_la:20150930184631j:plain

ズンズンズンズン

わたし:(普通に木造アパートなんだけど……本当にお店があるのかな?)

f:id:mesitsu_la:20150930184632j:plain

わたし:あったわ。

ガラガラッ

f:id:mesitsu_la:20150930184633j:plain

なんだかエキゾチックな店内だ! ただ内装自体は中華料理屋ではなく、居酒屋っぽい感じですね~。

ちょうどうかがった時間には、店長の福岡さんがひとりでいらっしゃいました。席についってメニューをちらほら見つつお話をうかがいます。

わたし:ここは中華料理屋さんなんですか?先輩が『本格中華が食べられる』と言ってるんですけど。

福岡さん:うーん、お客さんの声を聞いて、現地ものから作り方を変えてたりもするので「本格中華」とは言えないかなぁ。ただ、どの料理も中国に行ったときに食べたものを真似して作ったものです。強いて言うなら「創作中華かな」。

f:id:mesitsu_la:20150930184634j:plain
レトロな空間を演出するポスター。

福岡さんは京都のアジア料理屋さんでの実務経験を経て、2003年2月にこちらのお店をオープン。「上海バンド」という店名は中国の地名からとったもので、お店が上海料理を提供しているわけでない!とのことなので注意!

わたし:アジア料理でアルバイトをしていたときから、いつかは中華料理屋さんをやりたいと思っていたんですか?

福岡さん:う~ん。自然に創作中華料理屋になりましたねぇ。コンセプトをガチガチに固めてやるのは好きじゃないんです。最近、中華料理を作るのに飽きてきたので台湾料理をやってみたい。だけど、このお店は中華料理を作る設備なので無理ですね……」

わたし:(ゆ、ゆるい)

福岡さん:お店を元田中に構えたのもたまたまだったんですが、結果一見さんが来ないのでよかったですね~。

わたし:(やっぱりゆるい)

柔らかな口調の店長の福岡さん、独特なゆるさがかもし出す店内は心地良くクセになります。それにしても中華に飽きてきたって……。

f:id:mesitsu_la:20150930184635j:plain
1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。