ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンランク上のビビッドカラー使いで上品&大人なネイルに♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

淡いカラーを惹き立たせる!ビビッドカラーの使い方

黒、茶色、ネイビー…ビビッドカラー って、品良く見せたい時は使い方がちょっと難しいですよね。
しかし上手く濃い目のカラーを取り入れ、全体をグッと引き締めるのには濃いカラーは最適。
いわゆる差し色です。
今回はビビッドカラーのバリエーションをご紹介します。
淡いベージュやブルーに濃い茶色を取り入れたデザイン。甘くなり過ぎず、大人っぽい印象になります。

 

薄い色と混ぜたりフレームに使ったりするとバランスも取れて◎

写真のような濃い紫やピンクは、ベースの薄い色に混ぜて薔薇をマーブル調に取り入れてみて下さい。
このデザインは、むしろ色がしっかりしていないとできないデザインです。
さらにフレームには濃いしっかりしたピンクでくっきり感を。ポイントでクリア混ぜて逆フレンチにするとほどよくバランスが取れます。

 

トールペイント風デザインはグラデーションで♪

そしてこちらは派手にならないトールペイント風ネイビーカラーのバラ。
このようなデザインは濃いカラーでグラデーションを作ると、何とも言えないフワッと感が出ます。
これもしっかりした色を使わないと発色してくれません。
濃い色は差し色以外にも、アートをする上では必須アイテムになります。
さまざまなジェルブランドによって粘度も硬さも違うので、自分が何を描きたいかに合わせて、それぞれ特徴を把握した上でジェルを選ぶと、ベストなデザインができ上がるのではないでしょうか。
濃い目のカラーを上手に取り入れて、上品なネイルデザインを楽しんでくださいね。

安齋梨恵(Vivian Nail Salon)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP