ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日中問題で現代の政治家が学ぶべき田中角栄の「ケンカ外交」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍首相はこれまでのリーダーと比べ、中国に対して毅然とした姿勢を貫いている。しかし、習近平国家主席は、長きにわたる日本外交の軟弱さゆえに舐めきっているのか、横暴な態度を改めようとしない。

 その「軟弱外交」の原点が、田中角栄元首相の「日中国交正常化」にあるとの批判がある。だが、中国との国交正常化交渉の現場では、現代の政治家が学ぶべき田中の「ケンカ外交」が展開されていたことを忘れてはならない。

 拓殖大学海外事情研究所准教授の丹羽文生氏が解説する。

 * * *
 1972年7月5日の自民党総裁選挙で勝利して首班指名を受けた田中角栄は、外務大臣に大平正芳を指名し、外交政策の柱に日中国交正常化を据えた。先遣隊として中国入りした竹入義勝・公明党委員長は中国側から「日米安保堅持」「賠償請求権の放棄」など好条件を提示され(竹入メモ)、いよいよ田中は訪中を決意する。

 中国側が田中を相手に前向きになった背景には、中ソ対立があった。中国はソ連の軍事的脅威に対抗するため、米国、日本との関係改善を求めていた。

 1972年9月25日、田中らは羽田から日航特別機で旅立った。機内で外務省の随行員らに「もう君たちに任す」「手ぶらで帰るのもちっとも構わんよ」と田中は語ったという。困難が予想される日中交渉を前に、随行員らを鼓舞するための発言だったのだろう。

 第一回首脳会談の後、歓迎夕食会で事件は起きた。中国の周恩来首相に続いて演壇に上がった田中が、「中国国民に多大なご迷惑をおかけした」と述べると、会場がどよめいた。日本側は気にも留めなかったが、「ご迷惑」の使い方が日本と中国では異なり、言葉が軽すぎるとして、周恩来の逆鱗に触れたのだ。

 二日目からの会談は難航。一向に合意の兆しが見えなかった。宿舎での夕食時、意気消沈している大平を見て、田中は「失敗したときの全責任は俺がすべてかぶる。君らはクヨクヨするな。こういう修羅場になると大学出はダメだな」と檄を飛ばした。

 大平は険しい表情で「何か名案でもあるのか?」と言い返すと、「どうやるかは、ちゃんと大学を出た君らが考えろ」と言い放った。そのやり取りを聞いていた全員の表情が緩み、部屋は笑いに包まれたという。

 人の能力を見抜き、権限を与え、のびのびと力を発揮させる田中のマネジメント術の一端が垣間見えた瞬間である。

 三日目の夜、突然、迎賓館に使者が来て、「毛沢東主席が面会を準備している」と伝えた。続いて周恩来が迎賓館に迎えに現れ、すぐさま準備を整えた田中、大平らは、毛沢東邸に案内された。

 玄関まで出迎えた毛沢東は、田中の顔を見て、「ケンカはもうすみましたか。ケンカは避けられないものですよ」と言った。日中間の激しい論戦をケンカにたとえ、必要なプロセスだと言ったのだ。

 田中と毛のトップ会談は、和やかながらも、田中が毛に言うべきことを言う率直な話し合いとなった。これは極めて重要な“儀式”だったといえる。その後の大平と姫鵬飛外交部長の最終会談でようやく合意に達し、日中共同声明が調印された。

※SAPIO2015年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国と話できた政治家「田中、大平、竹下が代表」と大学教授
日本の右傾化説に「旧田中派主導の外交へのアンチテーゼ」論
尖閣諸島事件の「国内法に基づく対処だから…」は大問題発言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP