ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天才的コピーライターでもあった松下幸之助 伝説の三行広告

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 松下電器(現パナソニック)の創業者で経営の神様と呼ばれた松下幸之助は、天才的なコピーライターでもあった。

 1927年に発売された電池式ランプ「ナショナルランプ」は1年後には月産3万個を突破し、個人経営の町工場だった松下電器の大ヒット商品となる。その裏には、型破りな販売戦略があった。同年4月9日に大阪毎日新聞に掲載した三行広告だ。

 当時、中小企業が新聞に広告を出すのは異例のこと。資金的にも相当な負担であった。それでも幸之助が決断に踏み切ったのは、これがナショナルの名を冠した初の商品だったからだ。新聞広告を使ってブランドの名を世に広める作戦だった。

 社の命運が懸かった広告の文言を、幸之助は三日三晩考えた。何度も書き直した末に完成したのが「買って安心、使って徳用、ナショナルランプ」というコピーだった。ナショナルの名を世に広めたこの広告は、社内でいまも「伝説の三行広告」として語り継がれている。

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本
パナソニック創業理念 松下幸之助が語った「水道哲学」とは
世界的大企業を翻弄 経営の神様は交渉術も一流だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。