ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

80歳で300ヤード 「ギネスじいさん」はT.ウッズ参考にする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マスターズ陸上競技で100メートルを42秒22で完走した105歳の現役ランナーが話題になったが、ゴルフ界にもスーパーシニアがいた! 今年8月に行なわれた「ドラコン」日本一を決める日本ロングドライブ選手権のプレミアエキシビションで、299ヤードの公式記録をマークしたのが国分佐久さん、御年80歳である。

 アマチュアゴルファーの平均飛距離は210ヤード、米ツアーで活躍する松山英樹プロの今シーズンの平均飛距離は294.5ヤード。80歳で299ヤードをかっ飛ばす国分さんの飛距離が、いかに凄まじい数字かがわかる。現在、ギネスにも申請中だ。

 ドラコン競技は通常のゴルフ競技とは異なり、スコアではなくドライバーの飛距離だけを争う。3分間で6球を打ち、一番遠くに飛ばした者が勝ち。だが、ボールは幅40ヤードのフェアウェーに止めなければならないうえ、飛距離が270ヤード以上でないと計測すらしてもらえない。もちろん使用クラブは高反発ではなく、ルール適合モデルだ。

「とりあえず真ん中に置きに行くという考えでは通用しない。6球すべてフルスイングでベストを尽くす。全部ファウル(場外)になっても悔いは残りません」

 国分さんはそう胸を張る。国分さんのゴルフの腕前はシングルではない。今でも「なんとか100を切れる程度」だという。が、そんなことを本人は意に介さない。追求するのはスコアではなく飛距離だからだ。

 練習場でもひたすら飛距離を求める。本番に近い状態にこだわり、闇雲にボールを打つのではなく、入念な準備運動のあと、6球だけに全神経を注ぐ。

「無駄な鉄砲は撃たない主義ですし、病気の妻の世話があるので、練習場に通えるのは週2回だけ。だから本番さながらの練習をします。一球入魂で、満足できればそれ以上打ちません。私が実践するのは3秒スイング。1でアドレスしてボールを見る。2でバックスイングして、3でボールの当たるところを見て振り抜く。考えるのはそれだけ」

 国分さんのパワーと健康の秘訣は、トレーニングと規則正しい生活にある。

「19歳の時に就職した会社のオフィスがあったビルに日本プロレスの道場があり、プロレスラーはここまで鍛えているのかと感心した。トレーニングを始めたのはそれがきっかけでした。自分で鉄の棒にコンクリートの塊をくくりつけて振るなど、見よう見真似でやりました」

 その後ベンチプレスの設備やバーベルを購入。社宅の庭に置いて暇を見つけては取り組んだ。胸囲は120センチにまでなったが、ゴルフを始めてからはゴルフ用のトレーニングに変えた。

「タイガー・ウッズが“ゴルフの筋肉は別”といっていたのを聞き、長くしなやかな筋肉を目指した。やり方はすべて自己流だが、日課としてダンベルを100回上げ下げしています。左右4キロで肩甲骨周りや肩を鍛え、8キロで前腕を鍛えています」

 50年以上、このトレーニングを1日も欠かしたことがない。

「やめるのは簡単だが、1日やめると明日もやめようと思ってしまう。大切なのは毎日の積み重ね。毎日のトレーニングを続けてきたから私の打球は飛ぶ。体調の悪い時は無理をしなかったが、みんなの300倍は努力しているつもりです」

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
2回目の挑戦でプロテストに合格した美しきホープ・兼岩美奈
高反発ドライバー 高齢者のゴルフ離れを背景にニーズ高まる
“ゴルフ界の松嶋菜々子”森美穂 18歳の美脚と今後に期待大

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP