ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黄色いゆで卵の作り方とは?(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。

ポイントはグルグルと回すこと
“黄色いゆで卵”の作り方

一見、普通のゆで卵に見えますが、殻を剥いてみると…。

「ナ、ナント黄色!」

この不思議なゆで卵を作るには、セーターを用意するところからはじめます。

セーターの袖の真ん中辺りに、茹でる前の卵をいれます。左右動かないようにするために、卵を入れた箇所を紐でギュッと結びます。そして袖の端を持って、

グルグルグルグル

ピーーンッ

グルグルグルピーーーンッちゃんと黄色くなるか否かは、この回転がポイントだそう。10回ほど回したら、そのままお湯で茹でます。

これで完成!グルグルと回転させた時に卵の中で黄身が壊れ、白身と混ざることで黄色くなるのだとか。

見た目がキレイなので、子どもたちは喜びそうですね。
気になる味のほどは…?卵を割らないようにしながら、試してみては?

Licensed material used with permission by NightHawkInLight

関連記事リンク(外部サイト)

ゆで卵の殻が、わずか「5秒」で剥けちゃう驚きのテクニック
ボール型の味噌汁「みそまる」が、うまかわいい・・・
「英語を話したい学生」と「お喋りしたいお年寄り」をマッチングする英会話サービス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。