体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関東の老舗宿の魅力に迫る!芸術家・作家が愛した宿5選

関東の老舗宿の魅力に迫る!芸術家・作家が愛した宿5選

芸術家が制作に没頭したいとき、心を空っぽにしたいときに通った宿に、作家が五感をフル稼働させて筆を走らせた定宿。

どちらも魅力的な老舗宿ばかり。そんな老舗宿の魅力を紹介します。

風情のある宿で、芸術家や作家たちに思いを馳せ中がら、秋の夜長を過ごしてみませんか?

1.源泉かけ流しの湯 御宿さか屋(静岡県伊豆市・吉奈温泉)

温かなもてなしと穏やかな風景。
天才の心を鷲掴みにした「素朴さ」

御宿さか屋1
御宿さか屋2 岡本太郎デザイン・設計 「太郎さん風呂」のヒミツ。
曲線の美しさを活かした湯船は浅い段差に腰掛けてのんびりできる造りに。作品「座ることを拒否する椅子」が何ともユニーク。

御宿さか屋3 湯浴み用タオル柄も太郎が描いたもの。 御宿さか屋5 太郎が滞在した特別室「館山荘」の一例 御宿さか屋6 6つの浴場すべてで源泉掛け流し100%の名湯を堪能できる 御宿さか屋7 貸切露天風呂は開放感抜群!

芸術家・岡本太郎が50年間通い続けた老舗宿。

岡本太郎

「芸術は爆発だ!」でおなじみ、情熱的で激しい作風の岡本太郎。吉奈温泉の「なんでもない風景」をこよなく愛し50年間、暇を作っては訪れ先代主人と酒を酌み交わし交流を続けた。

時間の許す限りのんびりと。太郎流「さか屋の過ごし方」

江戸時代創業、造酒屋の商いからはじまり400余年の歴史を持つ「御宿さか屋」。深く青い空と天城の山里の自然の色合いに包まれた宿は、静寂に爽やかなせせらぎが響く。

「ここに来ると心が和む」と忙しい合間を縫って一年に何度も訪れた太郎。何も考えずに豊富な湯に浸かり、地の料理を味わい、仲間と語らい、足の向くまま散歩に興じる。太郎の過ごしたようにゆるりとした宿時間に身を委ね滞在を楽しみたい。

「太郎さん風呂」「大名焼」… 愛ゆえに誕生した宿の名物。

先代主人と交流を深める中で生まれたのが、自らデザイン設計を手がけた「太郎さん風呂」だ。女性が座った跡を表現した湯船は身体の線にちょうどよく合う心地よさが見事に実現されている。

好物のジビエ料理をアレンジした宿の名物ディナー「大名焼」も太郎の命名。ちょんまげと衣裳まで考案、食事を楽しく盛り上げる工夫と遊び心が彼らしい。今なお、館内には貴重な絵画やゆかりの品が残されている。ファンならずとも作品を探しながら館内を巡ってみるのもおすすめだ。 御宿さか屋8 猪肉と野菜を焼いて食べる新発想!
ジビエ料理が好物の太郎お気に入り「大名焼」はジューシーな猪肉をポン酢でさっぱりと。かつらと衣裳に着替えれば、気分は大名。

御宿さか屋9 館内にはギャラリーはじめ絵画やオブジェがズラリ 御宿さか屋10 御宿さか屋11 御宿さか屋12 打ち上げや宴会では自ら大名に扮し「大名焼」を楽しむ姿も

おすすめ宿泊プラン「なりきり太郎さんプランDX」
料金:1泊2食 2万5500円

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。