ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5分でOK!不安や頭痛の解消に効く、指マッサージ7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゆっくりと呼吸をしながら、5分間指を握る。そうすることで、カラダの痛みを和らげたり、気分転換ができたりすると伝えるのは「Little Things」。刺激する指によって、その効果も違うのだとか。
特別な準備も必要ないので、騙されたと思って試してみては?

親指マッサージ
不安な時や頭痛がある時に

嫌なことがあって憂鬱な気分の時、または頭痛に苦しめられている時に親指をぐっと握ってみましょう。
強く圧迫しすぎないように3〜5分ほど刺激すると、頭がスッキリするそう。

人差し指マッサージ
ストレスや筋肉痛の解消に◎

人差し指は、恐怖や苛立ちなどの感情と繋がっているため、落ち着きたい時に押すのがオススメのようです。
またミネソタ大学の論文によると、人差し指を刺激したことで腎不全の患者に改善が見られたと報告しています。さらに、腕や足などの筋肉痛の緩和にも効いたのだとか。

中指マッサージ
怒りや疲労の緩和に効果アリ

いつもより少し疲れていると感じた時は、中指を握るのがいいかもしれません。というのも、カラダの痛みや疲れをおさえる効果があるそう。
また、反射療法の研究者Kunz & Kunzは、中指をマッサージすることは血圧を低下させ、怒りの緩和にも期待できると言います。

薬指マッサージ
ネガティブな気持ちを前向きに

ネガティブな感情から抜け出せない時。薬指を刺激することで、気分がガラッと変わる……とまでは言わずとも、少し前向きな気持ちになれるかもしれません。
また、胸や腎臓の痛みも軽減できると、反射療法の専門家Wendy Coad氏は主張します。
薬指をマッサージする時は、心を穏やかに保ちながら呼吸を整えることがポイントだそう。

小指マッサージ
焦った時にリラックスできる

考えすぎて抜け出せなくなった時や、周りからの批判に苦しめられている時。小指を握ることで、リラックスできると言われています。
その他にも、カラダの節々が痛い時に効果をもたらしてくれるようです。

ここからは指のマッサージではなく、手のひらを使って気分を変え、カラダの違和感を整える方法を紹介します。

手のひらに意識を集中
吐き気や下痢の症状に効く

手のひらをもう片方の手で、ちょうど上の画像のように押さえながら3回ほど深呼吸しましょう。こうすることで、集中力が上がるのだとか。
このマッサージの反応は人それぞれ違いますが、吐き気や下痢、便秘に効果的だとミネソタ大学は伝えています。

手をグッと合わせる
瞑想と同じような効果が

手のひらの中心部分を、もう片方の手のひらでグッと押しましょう。こうすることで、瞑想に近い効果を得られるそう。
反射療法専門家チームKunz & Kunzによると、ガン患者がこのポーズをした後にMRIスキャンを行った結果、腎臓や腸への血流量が増加したのだとか。

Writer : Angel Chang
Licensed material used with permission by Little Things

関連記事リンク(外部サイト)

肩コリや頭痛にも?洗濯バサミを使った「耳ツボマッサージ6選」
30秒でチェックできる!病気かもしれない「10のサイン」
手の平を使って、「食べ過ぎ」を防ぐ方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP