ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「涙の出ない玉ねぎ」を日本の食品メーカーが開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“おばあちゃんの知恵袋”的な情報は、たくさん世に出回っていますよね。
でも、そんな裏ワザすら超越した「涙の出ない玉ねぎ」が開発された模様です!

調理の手軽さに加え、
“本来の栄養”も摂取できる!

ハウス食品が新たに開発した「スマイルボール」は、辛みがなく切っても涙が出ない、まったく新しいタイプの玉ねぎ。水にさらす必要も、栄養成分の流出を気にする必要もありません。

商品名の由来はいたってシンプル。「涙を流さなくなることで、全てのお客様が笑顔になる新しいタマネギで ありたい。これまでのタマネギにとらわれず、新しい食べ方や食シーンを お客様と一緒に(キャッチボールをしながら)創造できるタマネギでありたい」という想いを込めた、と同社は発表しています。

開発のきっかけは
レトルトカレー!?

なぜ、“新種の玉ねぎ”をハウス食品が開発したの?と疑問に思う人もいるでしょう。そんなみなさんのために、同社のニュースリリースから経緯の一部を抜粋しましょう。

【1990年代~】
レトルトカレーの製造時にタマネギとニンニクを炒めると 緑色に変色してしまう現象(緑変現象)が起こることがあり、製造工程のロスを削減するために原因の解明・解決の研究を始める。この研究の過程で、タマネギが涙のでる成分を作るためには、それまでに唱えられていた定説では説明できないことに気づく。

【2002年】
催涙成分合成酵素(lachrymatory factor synthase:LFS、 涙の出る成分を作り出す化学反応を起こす酵素)の発見。催涙成分ができるには、アリイナーゼとLFSが必要なことを発表(『Nature』掲載)。

つまり、同社の看板商品の一つである、レトルトカレーの製造工程の合理化を目指したことが、結果的に、涙の出ない玉ねぎの開発につながったという背景があったのです。

2013年には
“イグノーベル賞”を受賞

2013年には、2002年のNature 論文により、ノーベル賞のパロディであるイグノーベル賞を受賞。「タマネギが人を泣かせる生化学的なプロセスは、科学者が考えていたより複雑であることを、明らかにした」こ とが受賞理由。

それまでは玉ねぎを切ることで外に出る「硫化アリル」が涙の理由とされていましたが、ここで初めてLFSが肝であることが明らかになりました。同じように「硫化アリル」を含むニラやにんにくを切っても涙が出ないのは、このLFSと結合していなかったから、というわけだったのですね。

なお、このスマイルボールは、伊勢丹新宿店および、有機野菜などの食材宅配ネットスーパーを展開している「Oisix」で販売中。価格は中玉2個(約400グラム)で450円(税別)。水にさらさず、厚切りのままサラダに使うのがオススメなのだそう!

Reference:ハウス食品株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

「ある言葉」を聞くと、必ず泣いてしまう赤ちゃんにホッコリした(動画あり)
【女性必見】圧倒的に「疲れにくい」ヒールが誕生!(動画あり)
【マジかよ】コンデンスミルクを温めると、「生キャラメル」になると判明

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP