ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

池田重子さんの美しい着物コレクションが一堂に!「日本のおしゃれ展」が松屋銀座で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本一の着物のコレクターとして知られる池田重子さんの貴重な着物と帯留などの和装品を紹介する「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展」が、2015年12月30日(水)から2016年1月18日(月)まで、松屋銀座で開催されます。

 

池田重子コレクションについて

池田重子コレクションは、主に明治から大正、昭和初期までの着物文化が黄金時代を迎えた時期に作られた着物や帯、帯留、半衿など、
一万点以上にも及ぶ和装品の一大コレクションです。
和装品のコレクションとしては質量ともに国内最大規模で、すべて池田重子の審美眼で選ばれたものです。

その最大の特徴は、膨大なコレクションの中から、
池田重子の手によって数百点ものコーディネートがなされていること。

究極の職人仕事で作られた着物や帯、小物のそれぞれが鑑賞に値する貴重な逸品でありながら、
コーディネートされることで物語性や季節の美が紡ぎ出され、よりいっそう重厚で美しいオーラを発すると評価されています。
池田重子コレクションは、TVや雑誌で紹介されるほか、過去数回にわたって松屋銀座などで開催された「日本のおしゃれ展」で圧倒的な人気を得ており、現代の若い女性を中心とした「昔きものブーム」のきっかけとなったと言われています。

引用:時代布池田公式サイトより

 

2015年10月に惜しまれつつこの世を去られた池田重子さん。同展では、歌舞伎や能、和歌などの日本文化に精通した池田さんならではの美意識によって生み出されたコーディネートの中から、初公開を含めた約60点を四季毎にコーディネートして一堂に展示されます。さらに小物も約150点も合わせて紹介されます。

 

“コーディネートによって深まる着物の魅力”を直に感じられる機会となりそうだ。

kimono_01

kimono_03

kimono_05

kyoto_10

出典:http://www.fashion-press.net/

 

「高価な着物でも帯や帯あげが合わなければ、着物の美が発揮できない。どんな器にどんな料理を盛るのかも、どんな人とどんな時間を過ごすのかも、すべてコーディネートです」という言葉を残された池田重子さん。池田重子さんのコレクションをじっくりと堪能できる貴重な機会ですのでぜひお見逃しなく!

 

「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展」2015イベント概要

会場:松屋銀座8階イベントスクエア
期間:2015年12月30日(水)〜2016年1月18日(月) ※1月1日は休業
時間:10:00〜20:00
※12月31日(木) 10:00〜18:00、1月2日(土) 9:30〜19:30
※入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00まで。
入場料:一般 1,000円(700円)、高大生 700円(500円)、中学生 500円(400円)、小学生 300円 ※括弧内は前売り券価格
前売り:チケットぴあ、セブンイレブン、ローソンチケット、ヤフーパスマーケットで11月初旬から12月29日まで発売。

時代布 池田公式サイト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。