体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しい警察小説『影の中の影』の創作秘話――月村了衛インタビュー(前編)

新しい警察小説『影の中の影』の創作秘話――月村了衛インタビュー(前編)

 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!
 第76回となる今回は、9月に発売された最新作『影の中の影』(新潮社/刊)が好評の月村了衛さんが登場してくださいました。
 『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』が第68回日本推理作家協会賞と、今最も注目される小説家といっていい月村さんですが、『影の中の影』はそれらを凌ぐ「最高傑作」という声があがるほど大きな支持を集めています。
 アクションあり、冒険あり、そしてサスペンスとヒューマン・ドラマの要素も併せ持つこの作品がどのように作られていったのか、月村さんに語っていただきました。

■新しい警察小説『影の中の影』の創作秘話
――月村さんの新刊『影の中の影』は、理由あって日本で潜伏生活を送り、アメリカへの亡命を企てるウイグル族の亡命者たちと、彼らを見つけ出して始末しようとする中国が送り込んだ特殊部隊、そして亡命者たちを助けるべく特殊部隊と戦う「カーガー」景村瞬一と日本の暴力団員らの攻防が最大の見どころです。スケールが大きく緊張感あふれるエンターテインメント作品となっていますが、この小説の最初のアイデアはどんなものだったのでしょうか。

月村:「新しいヒーロー像をつくり出そう」というのが出発点でした。出版社からの依頼として、警察小説とか冒険小説を書いてほしいというものが多いので、そうするとやはり魅力的な主人公を、という話になるんです。
じゃあどんな主人公がいいかと考えた結果、「元キャリアの警察官」でいこうということでいったんはまとまりかけたんですよ。詳しく言えば、「公安のテクニックやシステムを作り上げた男」ですね。
だから、必然的に舞台は戦後間もなくの時代になります。現在につながる公安の組織を作り上げたわけですから、主人公は当然ものすごく優秀なのですが、若さゆえの思いあがりや傲慢さもある。そんな人物が何かのきっかけで「追われる立場」になった時どうするだろうか、と考えました。敵は国家権力であり公安ですから様々な仕掛けで追い込んできます。ただ、そのシステムやノウハウを作ったのは主人公自身ですから、返し技もわかっているわけです。
そんなわけで、ふとしたことから追われる立場になった元キャリアの警察官が、公安側が仕掛けた数々のトラップをかいくぐって逆襲するという話を編集者の皆さんと打ち合わせをしながら考えたら、それはおもしろいと乗り気になってくれました。私もすっかりやる気になってですね、家に帰ってプロットを書こうとしたんですよ。そしたら、あれっ?と……。

――どうしたんですか?

月村:実際に取り掛かろうとして、ものすごく難しいことに気がついたんです。主人公が公安の追い込みを切り抜けていく話を書くには、公安のテクニックやノウハウを10個や20個は用意しないといけないでしょう。たくさんの仕掛けをことごとくかわしていくから面白いんですから。でも、とてもじゃないけどそんなに思いつかなかった。
まして、終戦間もない頃とか、昭和三十年代が舞台ですから、たとえば道路一本とっても、この道が当時あったかどうか、というようなことを調べないといけないわけです。当時の地図は探せばあるはずですが、地図があったとしても、そこの街並みだとか建物の感じまで書くのはちょっと難しいだろうと。藤田宜永さんなどはそういった資料や地図を長年集積なさっていて、きちんとお書きになっているのですばらしいなと思いますが、私はそこまで準備がないものですから。

――構想を考え直さないといけなくなってしまった。

月村:そうですね。もう一度新潮社に行きまして、「すいません、やっぱりだめでした」と(笑)。じゃあどうしようかという話になるわけですが、舞台はやはり現代じゃないと商業的に難しいという気はしていました。読者がついてきてくれないだろうと思っていた。
でも、物語にスケール感を出したい思いはありましたし、すごいヒーロー像を新しくつくり出したとして、そのヒーローが背負っているものは昨日今日だけではないはずでしょう。重いものをたくさん背負いこんで今日まで生きてきた歴史があるはずです。そういうことを踏まえて、どんな主人公、どんな構成がありえるかを考えていった時に頭に浮かんだのはトレヴェニアンの『シブミ』でした。邦訳されたのが1979年で、当時かなり話題になった本です。主人公のニコライ・ヘルは西洋人ですが日本育ちで、戦中戦後の日本で孤児として過ごし、数奇な運命を経て日本の軍人に育てられます。その過程で日本の“囲碁”を通して、その真髄である“渋みの境地”に達し、「世界最強の殺し屋」と呼ばれるまでになる。
これ、日本人が聞くと「はあ?」という感じですよね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。