ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ボンジュール鈴木、東京&大阪で新作リリース・パーティー開催 初のツイキャスで発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ボンジュール鈴木、東京&大阪で新作リリース・パーティー開催 初のツイキャスで発表

魅惑的なウィスパー・ヴォイスで注目を集める宅録女子、ボンジュール鈴木が、11月11日に2ndミニ・アルバム『Lollipopシンドローム』を発売。

それを記念したリリース・パーティーを、2016年1月に東京と大阪で開催する。昨日11月5日に実施した初のツイキャス放送で発表した。

ツイキャスは、直前の告知で深夜の放送にも関わらず、200人近くの人が常時視聴する盛況ぶりだった。ボンジュール鈴木は、最近購入したというリアルなクマのぬいぐるみを抱きかかえながら、アシスタントの「ニーハオ」とともに放送。来週発売を控えたアルバムについて語るのかと思いきや、話はたびたび脱線していた。閲覧者とコメントで交流しつつ、好きな動物や自身の名前、子どもの頃からよく見るという夢についてなど、甘い声でゆったりとしたトーンで話した。

そして放送の終盤に「1月16日に大阪・北堀江vijonさん、そしてそして東京は1月23日、渋谷 duo MUSIC EXCHANGEさんでライヴをやらせていただくことになりました」と発表。「この前(初ワンマン)よりも楽しい感じでやらせていただければなと思うので、ぜひ遊びにきてください。クマさんも来てくれると思うので」と呼びかけた。

途中、イスから転げ落ちるハプニングもあり「どうしよう、またバカ配信しちゃった… 怒られちゃう」と恐縮。最後に「悲しい… もっとしゃべりたかったんだけど、また近いうちにやらせていただけたらうれしいな。新しいPVもそのうち観られるようになるので、チェックしてください。今度はもうちょっと考えて、リラックスしてしゃべりたいと思います。また遊んでくださいね。では、ありがとうございました」と視聴者との再会を祈り、放送を締めくくった。

ボンジュール鈴木が6月7日に東京・渋谷club asiaで開催した初のワンマン・ライヴは、前売りチケットが早々に完売。会場につめかけた満員のファンを、その甘い歌声と独特のファンタジックな世界観で魅了した。今作『Lollipopシンドローム』は4つ打ちの楽曲も多いとのことなので、彼女の音楽を全身で感じてより深く楽しみたい方、ウィスパー・ヴォイスを生で体感したい方は、ぜひイベントに足を運んでほしい。東京・大阪、両公演の前売りチケットは、本日より発売開始している。(前田将博)

ボンジュール鈴木、東京&大阪で新作リリース・パーティー開催 初のツイキャスで発表

〈ボンジュール鈴木 2nd mini album「Lollipop シンドローム」 release party〉
・大阪公演
2016年1月16日(土)大阪・北堀江vijon
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット(DMM.E) : http://event.dmm.com/detail?event_id=47183
イープラスは11/11(水)10:00より発売開始予定

・東京公演
2016年1月23日(土)東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット(DMM.E) : http://event.dmm.com/detail?event_id=47180
イープラスは11/11(水)10:00より発売開始予定

※ドリンク代¥500別
※入場順は(1)DMM.E(整理番号順)⇒(2)e+(整理番号順)となります。その後、当日券のお客様の順でご案内します。
※当日は会場内に荷物を置く事が出来ません。大きめの荷物は、予めロッカーないしはクロークにお預け下さい。

・ボンジュール鈴木 2nd EP『Lollipopシンドローム』
2015.11.11発売
品番:BUTA-003
発売:Kobuta Japon
01. Lollipopシンドローム
02. パーティーがはじまるよ
03. close to me
04. 金魚
05. Lovin’ You
06. サヨナラ

・「やっと会えたね」――対面インタヴュー実現! ボンジュール鈴木、待望の1stフル・アルバム『さよなら。また来世で』ハイレゾ配信(OTOTOY特集ページ)
http://ototoy.jp/feature/2015041500
・ボンジュール鈴木 オフィシャルサイト
http://bonjoursuzuki.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。