ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ABCのニュース番組、O.J.シンプソンの陳述テープが“独占”ではなかったと謝罪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ABCの夜のニュース番組『20/20』は、O.J.シンプソンの元妻ニコール・ブラウン・シンプソンとロナルド・ゴールドマンが殺害された事件に関し、1997年の民事訴訟におけるシンプソンの未公開の陳述テープを“独占”入手したと喧伝していた。

しかし、実は以前にNBCで公開されていたことが分かった。ピーコック(NBC)のニュース番組『Dateline』で1999年、2004年、2014年と過去3回放送されていた。

ABCニュースのスポークスマンは、「これらの陳述テープは独占入手したもので、過去にどこにも放送されていないと間違って思い込んでいました。私たちは今朝、テープの一部が15年前に放送されたものであることを知りました。ミスを謝罪します」とコメントした。

しかし、『Dateline』は、このテープがABCの“独占”ではなかったという指摘に我慢しきれず、番組のアカウントで次のようにツイートした。

「ヘイ、@abc2020 @GMAのみんな、これは1999年のもののようだ! 最初に我々が公開したテープから#Datelineのロゴをチェックしてみて。#retro」



これを受けて、『20/20』 は「親愛なるDear@DatelineNBC様、あなたは正しい。私たちが間違っていました。でも、いい番組だから必ず見て!」と返答した。



『20/20』は、このテープを“めったに見られない”、“忘れられない”テープと呼び、後に番組のプロモーションに使った。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP