ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で逮捕の「日本人スパイ」公安調査庁が情報収集を依頼か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年5月から6月にかけて、中国内で、日本人男女合わせて4人がスパイ容疑で逮捕される事件が発生した。“日本人スパイ”はどこで何をし、どんな疑いをかけられた人物なのか、ジャーナリストの相馬勝氏がリポートする。

 * * *
 日本人拘束の報が初めて伝えられたのは9月30日付朝日新聞の上海電だった。中国の外務省報道官は同日午後の定例記者会見で、2人の逮捕を確認したうえで、今後の対応について、「法に基づき調査し処理する」と述べた。

 実は、同報道官が発した、このフレーズは中国内で汚職幹部を逮捕した際に使われるおなじみのものだ。汚職事件でこのフレーズが使われた場合、対象の幹部はほぼ例外なく起訴手続きに入っている。このため、最初に逮捕が発表された日本人男性2人については、ほぼ取り調べを終え、起訴に向かって法的な手続きが進んでいると考えてよい。

 これを裏付けるように、2人の身元が明らかになるにつれ、日本の情報機関のひとつである公安調査庁との関係が深いことが分かっていく。

 北京の外交筋によると、逮捕されたのは中国遼寧省の中朝国境地帯で北朝鮮の情報を収集していた神奈川県在住「脱北者」の自営業の男性(55)と浙江省の軍事関連施設に立ち入った愛知県出身の会社経営の男性(51)。

 自営業男性は父親が在日朝鮮人で、母親は日本人。3歳のころ両親とともに北朝鮮に渡り、父親が軍関係の仕事で殉職したことで「英雄」と認められ安定した生活を送っていた。しかし、大量の餓死者が出た1998年、北朝鮮での生活に嫌気がさし、母親やきょうだいらと脱北。東南アジア諸国を放浪した末に2003年に日本に入り、2006年には日本に帰化した。

 その後、北朝鮮にいる親族と連絡したり送金するため中朝国境地帯を訪問。最近では北朝鮮情報の収集目的で、1か月に1回の割合で国境地帯に赴いていた。

 もう1人の男性は愛知県出身で、上海や名古屋に支店を置く人材派遣会社の役員。浙江省温州市平陽県沖の南キ島で、海洋監視船を指揮する中国海警が建設中の大型基地周辺で写真撮影をしていたところ、巡邏中の軍部隊に見とがめられ、軍事施設に侵入した現行犯で身柄を拘束された。

 この基地は軍用機の滑走路やヘリポートを建設し、排水量1万t級の大型船など最大6隻が停泊可能。さらに、最新鋭のレーダーを設置するなど、尖閣諸島の周辺海域の監視強化のために設けられたものと見られる。

 中国側が基地建設を公式に発表したのは6月上旬だった。しかし、男性は5月の段階で、日本人観光客がめったに訪れない島に渡って写真撮影をしていることから、特殊なルートで中国の軍事機密を知りえたと考えられる。このため、男性のバックには、中国の軍事機密を知ることができる特殊な機関がついていたとしか考えられない。

 ただし、2人とも中国当局の警戒が厳しい中朝国境地帯や軍事施設周辺で不審な行動が見とがめられるなどしており、訓練を受けたプロのスパイであるとは言い難い。2人の男性は中国に長期滞在することも多いことから、公安調査庁が“スカウト”し、報酬を渡して情報取集を依頼したと考えるのが妥当だろう。

 その後、男性2人だけでなく、北海道在住の60代の男性や、東京都内で日本語学校を経営する50代女性が中国内で逮捕されているとの情報が出ているが、具体的な事実は明らかではない。

※SAPIO2015年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「互いの違い知り相手を尊重」日中韓友好のヒント与える新書
米韓が北朝鮮に軍事介入すれば朝鮮戦争が再び起きる危険性も
中国が「北朝鮮は自国領」と伏線張っていると櫻井よしこ氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。