ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

31年ぶり聖子に楽曲提供ユーミン 互いに妥協せず発売延びた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年歌手デビュー35周年を迎えた松田聖子(53才)が、10月28日、新曲『永遠のもっと果てまで』をリリースした。作詞は松本隆(66才)、作曲は松任谷由実(61才)が担当。3人がタッグを組むのは31年ぶりのことだった。

 10月30日に放送された『SONGSスペシャル 時を超える青春の歌 ~作詞家・松本隆の45年~』(NHK)では、聖子を前にふたりがこう感想を語り合った。

松任谷「すごくいい意味で聖子版『MY WAY』」
松本「そうそう。ぼくもそれを思った」
松任谷「聖子さんが“風雪を越えて、帆をあげて旅立とう”って歌詞を、昔だったら歌えなかったかもしれないんだけど、そこに時間がすごくこもってる。それが伝わってきて…」

 すると、それを聞いていた聖子は泣き崩れるようにして、手で顔を覆った。突然の聖子の涙──それは、聖子とユーミンの31年の確執の清算を意味していた。

 ユーミンが聖子に初めて曲を書いたのは、1982年1月に発表した『赤いスイートピー』だった。当時、ユーミンはニューミュージックのトップランナー、一方の聖子は『青い珊瑚礁』や『白いパラソル』でトップアイドルとしての地位を確立しつつあった。

「当初、ユーミンは聖子さんに曲を提供することを頑なに断ったそうです。お互いトップを争うライバルですし、ユーミンからすれば、アイドル歌手の聖子さんとは違って、“本気で音楽について勉強してきた”という自負もあったんでしょう」(音楽関係者)

 しかし、作詞を担当する松本の「ライバルの曲を作ってみない?」という言葉でユーミンは曲を提供することを決める。本名ではなく、ペンネーム『呉田軽穂』で提供した曲は、当時の聖子にとって難易度の高いものだった。

 そして1984年5月にリリースした『時間の国のアリス』を最後に、ふたりは袂を分かつことになった。

「1985年に交際を公にしていた郷ひろみさんと破局し、神田正輝さんと電撃結婚しました。一連の報道や聖子さんの会見は、どこかショーのような華やかさがありました。ユーミンは、聖子さんのその姿勢に歌手として大きな違和感を持ったんだと思います。彼女はプライベートをあまり話すような人ではありませんでしたから」(スポーツ紙記者)

 その後ふたりは、31年の間、ともに音楽の世界を走り続けながらも、交わることはなかった。だが、聖子が35周年を迎えた今年、止まっていた時間の針は大きく動き出した。

「聖子さんのアニバーサリーに相応しい新曲を考えた時に、松本さんの頭に浮かんだのは、やっぱりユーミンでした。彼女とだったら、聖子さんを次のステージに後押しするような曲が作れるかもしれないと思ったんです」(前出・音楽関係者)

 しかし、それは決して簡単な道のりではなかった。

「ユーミンがこれまでの聖子さんのイメージを打ち破るような新曲を用意するのですが、聖子さんは堂々とその曲に意見する。ふたりともこれまで第一線を走り続けてきたプライドがあるのでお互い一歩もひかなかったそうです。当初は今年の春頃にはリリースする予定だったのが、延びに延びて今回のタイミングになったそうです」(前出・音楽関係者)

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ユーミンが世に影響を与えてきた軌跡を酒井順子が検証した本
松田聖子“元カレ”整体師とビジネスパートナー関係継続報道
失神寸前の男性も! 松田聖子がゲイから圧倒的に人気な理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP