ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】スタジアムの興奮をその場で!大ヒットライブ共有型スポーツニュースアプリに密着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本シリーズやラグビーワールドカップで、この秋、大いに盛り上がったスポーツシーン。

観戦の仕方も、ここ数年で多様化。スポーツバーを筆頭に試合を鑑賞できる場も、年々増えているという。

その動きはITにも波及。先陣を切ったのが、今回ご紹介する「Player!(プレイヤー)」だ。

ダウンロード数は、すでに1万件を突破。2015年の“新着ベストApp”に選出されるなど、今後の成長が期待されるアプリの1つである。

新たな機能を実装し、波に乗る同サービス。ookami(オオカミ)、代表取締役共同経営者、尾形 太陽(おがた たいよう)氏に話を聞いた。

・熱狂の“瞬間”をリアルタイムで提供

Q1:「Player!」提供のきっかけと経緯をお聞かせください。

「Player!」は、世界中のスポーツの情報を整理し、最適な形で流通させることをめざしています。

マスメディアや既存の媒体では提供が難しいスポーツの価値を、インターネットやスマートデバイスによって、新たな形で提供します。

Ookamiは、そのような世界を実現できるチームによって、立ち上がりました。「Player!」はプロトタイプを経て、今年4月に生まれたものです。

Q2:今回新たに「LIVE」機能を実装されたそうですが、これによってアプリの使い勝手は、どのように変わったのでしょうか。

スポーツの最大の価値は、ライブにあります。仮に今、日本代表の試合があるのであればその価値は“今”にあり、明日の朝刊や深夜のハイライトでは、少し遅いのです。

スマホというイノベーションとアプリの進化によって、そんな“今”に、いつでもどこでもアクセスできるようになりました。スポーツの感動や熱狂を、紙やテレビでは得られなかった体験を、リアルタイムで提供するのが新しい「LIVE」機能です。今後の展開にも、どうかご期待ください。

・目標はアプリ1つでスポーツ観戦が完結する世界

Q3:新着ベストAppに選出されるなど、着々と人気アプリ道を突き進んでいますが、これだけの反響を得た理由は、どこにあると思われますか。

小さな第一歩を踏み出しただけなので、挑戦と勝負はまだまだ続きますが、優秀なチームとパートナーなくして、スタートすることはできませんでした。

スポーツの未来へ向けた新たなユーザー体験を、確かな技術で具現化できるチーム、その未来を信じてくださる媒体運営者さまの存在があったことは、大変な幸運でした。

Q4:今後の展開について決まっていることがありましたら、教えてください。

動画や音声などのライブコンテンツの拡充です。スポーツビジネスにおいて、最もチャレンジングなポイントでもあります。

現在は、テレビやスタジアムのセカンドスクリーンとして価値を提供できていますが、中長期的には、アプリ一つでもスポーツ観戦が完結できてしまうような世界をめざしています。それをワールドワイドでできないか、日々悩み、奮闘しているところです。

また、それらを最速で実現させるためのエネルギー源として、資本提携とサービスの収益化にも、取り組んでいきます。

来年はいよいよ、リオデジャネイロオリンピック。スマホ片手に臨場感あふれるライブを、満喫してみてはいかがだろうか。

Player!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。