ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イケてる手もとを作るリングのつけかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

話し相手の手もとって、意外に気になったりしませんか?
例えば、何かを差し出されたときや、食事をしているとき。素敵なネイルをしていたら「おっ」と思うはず。
そんな意外に見られている手もとですが、もっとおしゃれに見せるために「リングコーディネート」に気を使ってみては?

ゴツめリングには繊細リングを添えて

A photo posted by MARI OKADA (@mari_okada) on Oct 27, 2015 at 8:11am PDT

それだけで存在感のあるゴツめのリング、かわいいですよね。大きな石がついたものなら、よりレディなインパクトを醸し出せます。
ゴツめのリングをつけるときは、重ねづけをせず1個で潔くつけると指先が美しく見えます。
そしてさらにちょっとおしゃれに見せるポイントは、ゴツめのリングと一緒に必ず1つ以上は華奢なリングを合わせづけするということ。それだけで女性らしさがグンとアップします。

同系色のストーンを重ねづけ

A photo posted by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on Oct 15, 2015 at 10:59pm PDT

一つの指に集中して重ねづけするのも指先をおしゃれに見せるテクニック。
重ねづけをするときはプレーンなデザインを選びがちですが、あえて石のついたリングを重ねづけしてみるとキラキラ度がグンとアップ!
そのときに、ストーンのカラーを同系色にすると、統一感がありつつグラデーションぽくなって素敵。他の指にはつけず、一本に集中させて目立たせて。

ファランジリングがおしゃれ

A photo posted by Chiara Ferragni (@chiaraferragni) on Aug 20, 2015 at 11:59pm PDT

薬指や人差し指につけがちなリングですが、いつもと違う場所にリングをつけるだけで違った手もとの印象を楽しめそう。
最近注目の指の第一関節と第二関節の間にはめる「ファランジリング」や、あまりつけることのない親指につけるのもかわいいですね。
洋服を毎日着替えるように、リングも洋服に合わせてコーディネートをしてみて。リング使いが上手だと、服装も自然とおしゃれに見えるものです。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
周りからチクチク言われない「抜け駆け」の方法
恋を制するのは「男は恋愛初期に200%の力を出す」ことを理解している女子だけ
ゆらゆら揺れるキャンドルの火でスマホが充電できる!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。