体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超美味しくて超めんどいハッセルバックポテトをつくってみた

エンタメ

 最近、ネットで話題になってる料理って超簡単かつ美味しいものが多いわよね。なのにどうしてか超美味しいけど超めんどい料理が話題になっていたの。その名もハッセルバックポテトよ。

 Twitterでは簡単で美味しいって言われていたけど、騙されたわね。これ、超めんどいししくじったらすぐ形が崩れるんだけど。え、わたしが不器用なだけ……?というわけで、今回は悪戦苦闘しながらスウェーデンが誇るハッセルバックポテトをつくってみたわ!

【関連:ハロウィンにピッタリ!ポテトと生ハムで作る『人体錬成サラダ』】

ハッセルバックポテト

■材料

じゃがいも  
にんにくチューブ
オリーブオイル 
パルメザンチーズ
割り箸     

 基本はこの材料でオッケーよ。各材料を好きなだけ用意してちょうだいね。

ハッセルバックポテトの材料

■つくり方

1.じゃがいもを洗い水分を取ってから蛇腹状に切りなさい。じゃがいもの下に割り箸を敷くと根元の部分が繋がるわ……と書きたいけれど、端っこの部分は割り箸に頼ってると切り落としてしまうから注意が必要よ。だいたい2mm感覚で切っていくと見栄えがいいけれど、不器用な人は手を怪我しないようにしてちょうだいね。この作業と同時にオーブンレンジを220度で余熱開始よ。

割り箸をしたにおいて底まで切れないようにする 上手く切れるとこんな感じ

2.容器ににんにくチューブ、オリーブオイル、パルメザンチーズを好きなだけ入れてかき混ぜなさい。

調味料はお好みで

3.蛇腹状にしたじゃがいもを一枚一枚開き、2をその間にまんべんなく塗っていきなさい。スプーンやフォークを使ってやってもなかなか面倒だったけど、我慢よ!

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会