ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国5カ所のZeppにソニー製4Kプロジェクター設置、「ザ・ビートルズ1」特別試写会で同時上映

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Zeppホールネットワークは、自社が運営するライブイベントホール「Zepp」にソニー製4Kプロジェクター「SRX-T615」を設置、11月30日より運用を開始する。

4Kプロジェクター常設ホールは、Zepp Sapporo、Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Nagoya、Zepp Namba(OSAKA)、Zepp Fukuokaの5カ所。

今回、導入されたソニー製4Kプロジェクター「SRX-T615」は、フルHDの4倍を超える高精細4K(水平4,096×垂直2,160画素)“SXRD”液晶ディスプレイデバイスを搭載し、18,000ルーメンの高輝度と12,000:1の高コントラスト比を実現したプロジェクターで、「Zepp」のステージ背景全面に投影することが可能。上記5カ所の「Zepp」へのプロジェクター設置工事は既に完了し、クリアで高品質な4K映像を、映画館をも上回る大スクリーンに投影できる環境が整っている。

4Kプロジェクターの利用初日となる11月30日には、ユニバーサルミュージック合同会社主催「『ザ・ビートルズ1』リリース記念5大都市同時爆音試写会」が全国5カ所の「Zepp」で同時開催される。これは、11月6日に世界同時発売された「ザ・ビートルズ1」を記念した試写会で、ザ・ビートルズのミュージックビデオ(MV)をソニー製4Kプロジェクターと「Zepp」のサウンドシステムを活用し、600~650インチ相当の大画面スクリーンに、高画質の映像を、大音量で、上映する予定。

また、4Kプロジェクターの導入に続いて、年内には4K映像を生中継できる設備も整える予定。これにより、コンサート、スポーツ実況、各種イベント等の4Kパブリックビューイング会場としても「Zepp」の利用が可能となる。

関連リンク

■Zeppライブエンタテインメントhttp://www.zepp.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP