ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった198kcalで濃厚チーズスープを実現!? 『カップヌードルライトプラス チーズフォンデュ』を食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

11月9日、日清より『カップヌードルライトプラス チーズフォンデュ』が発売されます。野菜たっぷり&低カロリーで、女性を中心に人気となっている『カップヌードルライトプラス』シリーズですが、今回はカロリーの高そうな“チーズフォンデュ”味。「チーズ味と低カロリーって両立できるの?」ということで、早速試食してみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1235700

チーズ好き女子も納得のおいしさ! 『カップヌードルライトプラス チーズフォンデュ』

野菜たっぷりで食べ応えバツグン、なのに低カロリー。ダイエット中や小腹が空いたときにぴったりな『カップヌードルライトプラス』。麺にはレタス約2個分の食物繊維が練り込まれており、お腹にダブルでうれしいシリーズです。定番商品となっている『ラタトゥイユ』『バーニャカウダ』は食べたことがある方も多いはず。

また、“スープまで飲んでも198kcal”とスープも飲むことを推奨しているだけあって、普通の『カップヌードル』より“スープ”としてのおいしさが際立っています。

しかし、いかにも“野菜感”“ヘルシーさ”をイメージさせる『ラタトゥイユ』『バーニャカウダ』とは違い、今回の味は『チーズフォンデュ』。おいしそうではありますが、カロリーも高そうです。パッケージの野菜にも、とろーりチーズがたっぷりかかっています。

それでも、カロリーは変わらず“スープまで飲んでも198kcal”。「それじゃスープは薄味なんじゃないの?」と思いきや、“野菜にからまるコクのあるチーズスープ”とのこと。

確かにフタの部分には、トロリとしたスープにゴロゴロ野菜が入っている写真が全面に押し出されています。

半ば疑いつつもフタをめくってみると、チーズの香りが濃い! そして、野菜がたっぷり入っているのがわかります。

お湯を注いでみると、チーズの香りとともに、野菜の香りもふんわり。食欲をさらにかき立てます。

ドキドキしながら実食。“すすらずに食べられる短めのヌードル”だそうなので、フォークで麺を少し巻いて、一口パクリ。

濃いのは香りだけじゃありませんでした。かなり濃厚なチーズスープです。麺と絡むのはもちろん、食感と風味が生きた野菜ともよく絡んで、びっくりするほど『チーズフォンデュ』の味。チーズ好きにはたまりません。

ブラックペッパーとナツメグ、白ワインの風味が加えてあるせいか、コク深くありながらもスルスルと飲みやすく、麺や野菜を食べ終わったあとも、スープとして最後の一滴までおいしくいただけました。

体も心もほっこり温めてくれるような味わいの『カップヌードルライトプラス チーズフォンデュ』は、これから本格的に寒くなる季節に、まさにうってつけ。よくかき混ぜてから食べるのがオススメです。

製品情報

カップヌードルライトプラス チーズフォンデュ
内容量:55g(麺36g)
カロリー:198kcal
価格:180円(税別)
発売日:11月9日
発売地区:全国
公式サイト:https://www.nissin.com/jp/news/4798[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP