ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

周りからチクチク言われない「抜け駆け」の方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グループのなかに、どうしても気になる彼がいる場合、抜け駆けするという方法があります。
でも、「このあと、ふたりで別のお店に行かない?」と誘うには勇気もいるし、口実がつけにくいのでハードルが高いですよね。
また、下心があるように思われてしまうかもしれません。でも、そんなときにいい方法があるのです。

あとではなく「先」に

それは、あとではなく「先」に抜け駆けをする「みんなと会う前の30分だけ作戦」
内藤誼人著『男と女の心理戦術』(廣済堂出版)によると、これを「30分デート作戦」と呼ぶそう。
「『2人きり』の時間をもつというのは、大きな前進ですから、グループ交際から恋人へのステップアップ階段をのぼったといえるでしょう」※原文ママ
この30分で、ふたりきりの秘密を持つことができ距離が近くなるのです。
「集合時間の30分前にお茶でも飲なまい?」「買い物つきあって」「教えてもらいたいことがある」……など、理由はなんでもOK。
「先に」は健全なイメージが強いので、こそこそ感や下心を感じさず、もしバレても周りからチクチク言われる心配もありません。

相手が断りづらい

この作戦にはどんな効果があるのでしょう?
じつは、もともとある約束の前なので、ノーという理由が浮かびづらく、彼はOKせざるを得ません。
初めはしかたなくOKしたとしても、そこで楽しく過ごせれば、彼は「30分早くきてよかった」と思うでしょう。
「買い物につきあって」の場合、「ありがとう」と言われればうれしいし、彼は「人助けをしていいことをした」という気分になります。

「次も」につなげやすい

「今度は1時間」と時間を少しずつ伸ばしていくのもいいし、「次はほかの日に長い時間で」とデートにこぎつけることもできるでしょう。
30分という短い時間は負担にならず、大げさにならないので気軽です。
これは、「いきなり難しい目標に挑むのではなく、小さなことから達成していくと最終目標に近づきやすい」という心理学の「スモールステップの原理」と同じなのだそう。

少しの勇気で行動あるのみ

彼と親しくなるためには、「抜け駆けして誘わないと……」と思っていると、みんなとの集まりを楽しめなくなってしまいます。
まずは、「あとではなく先に」がベスト
じっとしていたり、悩んでいるなら、少しの勇気でカラッと抜け駆けしちゃいましょう。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
恋を制するのは「男は恋愛初期に200%の力を出す」ことを理解している女子だけ
男性から「なんか話しづらい子」と思われてしまう3つの行動
仕事からの逃げ道として結婚を選ぶと、後悔するワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP