体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひっそり酒場だけに、知らぬ福岡ッコも多いはず。 ここが、焼き鳥天国福岡の虎の穴!

f:id:mesitsu_lb:20151013135821j:plain

昭和のムードが風に揺れる赤提灯。

そのボロボロ具合までも色気に変えてしまうのが、いい酒場の証。

酒場では、常連客と女将が共犯のごとく繰り広げる人情的な掛け合いが最高の酒の肴となり、気の利いたコメントなんか必要ナッシングな“気楽飯”の温かみが胃に染みます。

お行儀のよい食事マナーなんかはいりましぇん。けれども。

カウンターで見知らぬ人たちと酒を酌み交わす勇気と最低限の礼儀は持って行きたいですね(大人として)。

いい酒場には、それはそれはウマそうに酒を飲む人が集まるもの。そんな人たちと盃を酌み交わすのがウマい酒、てなもんです。後は流れに身を任せて酔っぱらえば、いい気分♪ というわけで、嫁ちゃんゴメンちゃい。夕闇に灯る赤提灯の色っぽいお誘いに理性が抑えれまへんでした。一杯ひっかけて帰りや〜す。

f:id:mesitsu_lb:20151013135824j:plain

てことで、ライターの松鵜です。

県外の方からは「テキトーに入った店でも旨いのが福岡」なんて褒めてもらうことも多いのですが、どんな店に行ったのかを聞けば、どこも洒落た店。

「てやんんでい!テキトーやないやん! ちゃっかり見た目で選んどるやん」となること、しばしばです。

ただ、確かに福岡には案外少ないと思うんです、流行と逆行する古き良き酒場というものが。だから、地元民であるからこそ知り得る虎の穴を教えます!!

f:id:mesitsu_lb:20151013135826j:plain

店があるのは平尾。「西鉄平尾駅」から徒歩2〜3分の場所です。駅の改札口を出たら、一本北に走る道を目指してください。「平尾」交差点を左に曲がれば、赤いサンルーフの店が見えてきます。

店の名前は『山勝』。桃井かおりさん似の美人女将がひとりで営む焼き鳥酒場です。(失礼を承知ながら)屋台に屋根がついたような小さなお店で、店内は7〜8人が腰掛けられるカウンターのみ。「THE酒場」な匂いが、たまらなく漂っています。

店のはじまりは、およそ30年前。もともとは平尾駅近くに初代の女将が店を構えていたらしく、その時は手羽先専門酒場だったそうです。店を今の場所に移して20数年、今は林琴美さんが三代目マドンナとして店を切り盛りしています。

f:id:mesitsu_lb:20151013135829j:plain

ハイ、ここで 注目!!!!!!!!!!

お品書きに目を通すと、焼鳥の値段に思わずニンマリ。

『手羽先(150円)』『豚足(300円)』と一部の巻物以外は全部100円なのでございます。この価格は焼鳥屋として営業をはじめた当時から変わっていないそうで、お通しも200円とサービス価格。ついでに、お通しのボリュームも気持ちいいくらいたっぷり。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。