体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android OS「マシュマロ」はスマホをおいしく変える!?

デジタル・IT


画像提供:Google

Androidファンならご存じのとおり、AndroidOSのコードネームは、アルファベット順にお菓子の名前というのが恒例だ。下の表をご覧あれ。

事前の開発者向けプレビューでは「Android M」とだけアナウンスされていた最新のAndroid 6.0。正式なコードネームはマドレーヌでも、マンゴープリンでもなく、「Marshmallow(マシュマロ)」に決定。やっぱりお菓子の名前だった。では、このAndroid 6.0では何がどう進化したのだろう。

ここでは、Androidのコードネームの歴史や最新版がマシュマロに決まった経緯などを紹介

どんなことができるようになったの?

■プライバシーを強力に守るアップ・パーミッション

これまでAndroidでは、アプリのインストールをするときは、「次へのアクセスが必要」と表示され、「アプリ内購入」や「Wi−Fi接続情報」といったアクセス権要求が並び、これらをすべて認めないとインストールができなかった。これでは悪意のあるアプリに、プライベート情報にアクセスされる危険性がある。そこで、Android 6.0ではアプリが要求するアクセス権を個別に許可・不許可できるようにし、自分がアクセスしてほしくない情報にはNOと設定できるようになったのだ。これで、ユーザーのプライベートな情報へのアクセスが制限され、セキュリティも強化される。

■最新のUSB Type-Cに対応、ケーブルの抜き差しも楽ちん

これまでのUSBとは、端子の形状も性能も異なる最新のUSB Type-Cをサポート。USB Type-Cでは端子の形に上下がないので、抜き差しが楽ちんになるし、転送スピードも速くなっているため、充電時間も従来の4分の1ほどに短くなる。

■OSレベルでの指紋認証機能がついに実現

これまで一部の端末だけが対応していた指紋認証機能が、OSレベルでサポートされるので、さらに多くの端末で利用できるようになる。この指紋認証機能はスマホのアンロックのほかに、Android Pay(お財布携帯のような機能)の支払いの際にも使われる。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会