ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載】女のホンネとタテマエ~「一緒に帰りたくない」を意味するコトバ~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「一緒に帰る」。これは相手が気になる異性の場合、甘酸っぱいひと時が味わえるキュン死必至のシチュエーションです。しかし相手が恋愛対象外の場合、女子はあるフレーズを使って「一緒に帰る」ことを回避したりするのです。そこで女子が一緒に帰りたくない男子に言ってしまうコトバ『コンビニ寄って帰る』をご紹介したいと思います。

コンビニ寄って帰る=一緒に帰りたくない

退屈なデートの終盤や、たまたま帰り道が一緒になってしまった時「もう一緒にいたくない! 」、「一人にして! 」と我慢の限界に達した時に言ってしまうセリフです。

「じゃあここでさようなら」とストレートに言う事が出来れば良いのですが、やはりそんなキツイセリフ、女子としては簡単に口にできません。

「用事があるので私はここで失礼するね」という、それらしい理由を付けてさっさとこの場を離れたい。そんな気持ちが高まると、『コンビニ寄って帰るから』という場を濁したセリフを言ってしまいます。

『コンビニ』に隠された強い拒絶

コンビニ程度なら「待っている」、「一緒に行くよ」と言いたくなるかもしれませんが、追わない方が身のためです。女子だってもう少し一緒にいたいなら「コンビニ寄りたいけど、良い?」とお願いするはずですよね。

「コンビニ寄るから、じゃあここで」というコトバに潜む女子の本音は、「一緒に帰る行為自体を終了にしたい」です。

女子としては、そういう意味に勘ぐられても構わないという、あえての『コンビニ』発言。強い拒絶の意味が含まれていることもあります。

ツレナイ女子を追うのは禁物

そんな風にツレナイ女子を振り向かせるのは至難の技だと思います。でも、やっぱり好きなら「押してダメなら引いてみろ」作戦を実行するのも一つの手。

一旦時間を置いて再度アタックするなど、女子に本気だという姿勢を見せれば、もしかしたらチャンスが生まれるかもしれません。女子は、最終的には誠実な愛を選ぶ生き物だと思います。

女子は気持ちがすぐに態度に出るものです。裏を考えすぎてポジティブな勘違いをしてしまうと、悲しい結末が待っているかもしれませんので、『コンビニ寄って帰る』と言われたら、作戦を練り直す必要がありそうです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP