ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1本1000円の大胆な価格設定『瓶 お~いお茶 玉露』あくまで伊藤園ブランドを象徴する商品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月26日に発売された伊藤園(東京・渋谷区)「お~いお茶」ブランドの新商品『瓶 お~いお茶 玉露』は、発売直後から、その常識破りな高価格で話題を集めている。

今日は、そんな『瓶 お~いお茶 玉露』をご紹介しようと思う。

 

ガラス瓶入り、100%国産玉露使用

1本1000円(税込1080円)のボトル入りのお茶は、誰もが「いくら何でも高すぎる!」と思うだろう。そう、その「高すぎる」でいいのである。おそらくメーカーの伊藤園もそこを狙っているはずなのだから。

新茶の深い緑色をモチーフにした紙の化粧箱に入れられ、キャップの上にさらに和紙のカバーを被せられた姿は、いかにも高級そうである。伊藤園の新商品『瓶 お~いお茶 玉露』は、「お~いお茶」ブランドのハイエンド商品らしく、高級感たっぷり。またその名の通り、容器はペットボトルではなくガラスの瓶でできている。ペットボトル入りとは全く違う重量感があり、割れないように、自然と丁寧に扱ってしまう。

375ml入りで、原材料は玉露。しかも国産厳選の玉露100%使用なのだそうだ。

玉露とは、ご存じ高級茶葉の代名詞的存在で、摘み取り前のおよそ20日間前後から茶園を被霧することで直接日光を浴びないため、お茶の旨み成分であるテアニンが凝縮され、独特の旨みが楽しめる茶葉のこと。しかも、その玉露の旨みを最大限に引き出すため、低温でじっくりと抽出し渋みや苦みを抑えた贅を極めた緑茶飲料が、この『瓶 お~いお茶 玉露』なのである。

 

ギフトに!特別な日に!

キャップを開け、グラスに注いでみると、通常の「お~いお茶」に比べ、液体の色は薄く曇っていて、明らかに違う雰囲気を醸し出している。また、香りも控えめで上品。

味の方はというと、うーん、確かに「旨いお茶」ではあるが、自腹で1000円出してまで買うかと言われれば、正直「ない」というのが記者の感想。瓶詰めのお茶で出せる味には、やはりある程度限界がある。繰り返すが、これは確かに旨いお茶である。しかし、“普段飲み”というよりは、あくまでも「お茶の伊藤園」のハイエンド商品として、存在することに意義があるのだと思う。

というわけで、この『瓶 お~いお茶 玉露』は、ギフトや特別な日用の“ハレ”の商品として考えた方がいいと思う。

安いペットボトル茶では、ギフトにならないし、どんなに美味しくても実売価格100円程度の商品では、ブランド力の差別化を打ち出しにくい。そこで、あえて圧倒的に高い価格設定にすることで話題性を集め、さらに見た目の高級感からギフトや特別な日向けに飲まれるようにしたのだろう。完全受注生産による発売方法は、在庫による値崩れやブランドイメージの崩壊の心配がないというメリットもありそうだ。

そういう意味で、早くもネットで話題になっているこの『瓶 お~いお茶 玉露』は、成功していると言えるのかもしれない。価格は高いが、それでも「1本1000円のお茶」をためしに飲んでみたい方には、ぜひ味わっていただきたい。

10月26日発売開始で、税別1本1000円。完全受注生産であるが、これは販売店からの受注のことで、スーパーやコンビニ、ネットでも販売されている。また、箱入り・袋入りかどうかは販売店によって異なり、瓶のみで販売する店舗もあるようだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP