体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDALコピーバンド・ヴォーカリストコンテストVol.6開催、グランプリは神奈川出身・生麦乙女バンド

SCANDALコピーバンド・ヴォーカリストコンテストVol.6開催、グランプリは神奈川出身・生麦乙女バンド

今年世界9カ国41公演をまわるワールドツアーを成功させ、世界に活動を広げるSCANDAL。2010年からガールズバンドの更なる盛りあがりを願い、毎年開催しているコピーコンテスト「SCANDALコピーバンド・ヴォーカリストコンテスト」が11月3日に東京・品川ステラボールにて開催された。

今年で6回目となる「SCANDALコピーバンド・ヴォーカリストコンテスト Vol.6」はガールズバンドの甲子園とも呼ばれるイベントで今回でファイナルを迎えた。過去最多637組を超える応募があり、11月3日のファイナルには1200名のオーディエンスが品川ステラボールへと押しかけた。審査員にはSCANDALも加わり、ファイナリストの最終決戦のパフォーマンスを見守った。

オープニングアクトには第4回大会でグランプリに輝き、今年2月にSCANDALと同じレーベルからメジャーデビューを果たした妹分の久留米在住7人組女子高生バンドKANIKAPILA(カニカピラ)が登場。テレビ東京系アニメ「NARUTO –ナルト- 疾風伝」のエンディングテーマとしてオンエア中の、10月28日リリースの2nd シングル「トラブルメイカー」を含む全3曲を披露。昨年に続く彼女達の登場に、会場もいきなり総立ちに。MCの山本昇氏も大絶賛のコーラス・演奏力を生で体感し、次のスターを夢見る学生ガールズバンド達も大いに湧いた。

YOSHIKA(Vo.& Gt.& Ukulele)は「このコピバンがなければKANIKAPILAになっていないし、ここにもいないし、メジャーデビューもしてませんでした。ここから出てきたバンドとして、誇りをもってこれから頑張っていきたいと思います!」と幼馴染の7人がSCANDALに憧れて舞台立ちグランプリになった瞬間を思い出し、改めてメジャーでSCANDALと同じく頑張っていきたいという決意を語った。さらに、あとに演奏するファイナリスト達に向けて、KANA(Ba.)「私たちもファイナルの前日は眠れないくらい緊張しました。でも自分達の楽しさを全力で出してほしいです!」とエールを送った。

そしていよいよファイナリストのパフォーマンスがスタート。

1組目は昨年もファイナルに進出し審査員特別賞に輝いた4ピースバンド、winry’s(うぃんりーず)。高校生になり演奏も衣装も更にパワーアップさせ「welcome home」を披露。見事にトップバッターを飾る。

2組目も2年連続のファイナル進出となる大阪出身の高校生4人組バンド、Hi-Dear(はいでぃあー)。色違いの制服の衣装を身にまとい、結成時初めてみんなで合わせたという思い出の詰まった「SCANDAL BABY」を披露。

前半ラストの3組目は、結成半年でファイナル出場を決めた男女混成バンド、きゃんばす。バンド名をもじり全身を白で合わせた。その衣装のように息のあったパフォーマンスで「Sparkling」を披露。

後半戦にいく前に再びゲストライブへ。同コンテスト第2回・第3回のファイナリストで、動画サイトにSCANDALのコピー動画をアップし、同コンテストが開催されるきっかけにもなった佐賀・唐津発5人組ガールズバンド、たんこぶちんが登場。8月5日にリリースしたアルバム収録曲から、リード曲「花火」含む3曲を披露。かつてのコンテストファイナルの常連の登場に会場は再び最高潮に。後半戦に向け最高の口火を切った。

MCでは「私たちもこのコンテストから始まりました!思い入れの深いコンテストなので、ゲストとして戻って来れ嬉しいです!」「ここにきたことは自信につなげてほしいし、また一緒にライブできることを楽しみにしてます!」とMADOKA(Vo.&Gt.)が後半戦に臨むファイナリストを盛りたてた。

4組目の広島出身の月とミルクティ(つきとみるくてぃ)は独特のアレンジを加えた高い表現力でSCANDALのライブ定番曲「DOLL」を披露し、「酸欠になりかけました」とステージ上で暴れまわる。

5組目の名古屋出身、男女混成・今大会最年少のSHIOKA with THE 5 STARS☆(シオカウィズザファイブスターズ)は「声」を披露。中学生1年生・結成3カ月足らずとは思えない演奏力・ライブアレンジに、会場は驚きの歓声に包まれた。

6組目の生麦乙女バンド(ナマムギオトメバンド)は色分けされたシャツをトレードマークに、ソロ回しで個々人のハイレベルな技術を余すことなく披露。見どころたくさんのパフォーマンスで「下弦の月」を披露。

どのグループも1曲のみの披露ながら全力で個性的なパフォーマンスが印象的で、その後のインタビューではファイナリスト全員が「楽しかった!」と口を揃えた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会