ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

てんかん発作 一番多いのは「けいれん」がなく意識ない状態

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 てんかんは、大脳の神経細胞が過剰に興奮することで、様々な発作を繰り返す病気だ。乳児から思春期までの発症が多いが、働き盛りで発症することもある。また、高齢者は脳卒中やアルツハイマー病での発症も多い。国や人種を問わず、それぞれ人口の約1%に発症し、日本での患者数は約100万人である。

 てんかんの症状としては、全身けいれん発作が最多と思われがちだが実際は違う。一番多いのは、けいれんがなくても意識がない発作だ。気付かれにくいので、事故を起こしかねない。東北大学病院てんかん科の中里信和教授に話を聞いた。

「全身けいれんが消えたら、てんかんが治ったと思う患者や医師がいますが、それは大間違いです。一番多いのは複雑部分発作なのです。意識がなくなり、1点を凝視し、動作が止まり、手をモゾモゾ、口をクチュクチュさせるなどの自動動作を示す発作です。仕事中に何かを持ったまま動かなくなり、『電池切れ』といったあだ名がついたり、交通事故を何回も繰り返す人は、この発作の可能性が高いと思います」

 複雑部分発作の複雑とは、意識がないこと、部分とは脳の一部だけが興奮することを意味し、側頭葉(そくとうよう)てんかんが、その代表だ。これは脳の深部で記憶や情動を司る海馬(かいば)が萎縮し、硬くなることが原因となる。40~50代で発症するてんかんは、海馬のそばにある扁桃体(へんとうたい)が肥大している場合もあるが、発作は海馬の場合と、ほぼ同じだ。

 外来診断だけで発作が消えることも多いが、1年たっても発作が残っている場合、東北大学病院てんかん科では、2週間の入院検査を薦めている。入院には他の医師からの紹介状が必須だ。

 4日間は頭に脳波を計る電極をつけたまま、昼も夜も天井につけられたカメラで患者を撮影する。

「脳波とカメラで、発作の瞬間をとらえます。専門の検査技師が全時間をくまなく解析し、小さい発作も見つけ出します。4日目以降は、画像診断や心理テストなどを行ない、さらに家族や職場環境など社会的問題も問診します。

 これによって、てんかんの発生場所や程度、治療方針などを決めます。この入院検査では、約3割がてんかん以外の病気だと診断されています。治療方針が決まったら、かかりつけ医に戻し、治療を行なってもらいます」(中里教授)

 成人てんかんでは、薬は生涯必要だが、7割の患者は服薬治療でコントロール可能だ。副作用の少ない新薬も数多く登場している。薬が効かなくても発作を止める手術もあり、適切な治療で普通の生活を送ることができる。服薬治療はまずは1年程度2~3種類の薬を試し、それでも発作が消えない場合は、あきらめず専門の病院での入院検査を受けることが大切だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
てんかん患者は100万人 60~70%は薬で発作コントロール可
てんかんの神経刺激療法 治療の副次効果でやる気が出てくる
てんかん協会副会長「病隠した容疑者と社会の無理解が問題」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP