ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダルビッシュ翔容疑者祖母「ひ孫のためにも更生してほしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 野球賭博の開帳図利(とり)と常習賭博の容疑で大リーグのテキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有投手(29)の弟、ダルビッシュ翔容疑者(26)が10月26日、大阪府警に逮捕された。日本のプロ野球のみならず大リーグをも賭けの対象としていた。かつて本誌が翔容疑者を取材した際は、少年時代にいじめられていた兄・有を守ったエピソードを語るなど「深い絆」を窺わせていた。

 しかし、「野球賭博」という犯罪行為はその兄への大きな裏切りとなる。大リーグ研究家の福島良一氏が語る。

「大リーグ機構は賭博行為に対して日本よりもはるかに厳格に対応します。各球団は選手の面談や素行調査はもちろん、コンプライアンス組織を常設し、元FBI(連邦捜査局)の捜査官などを調査スタッフに据え、選手、コーチ、球団スタッフに監視の目を光らせています。

(野球賭博に手を染めた)巨人の3選手の問題は米国でも盛んに報道され、翔容疑者の件も大きく伝えられている。今シーズンは肘の手術で登板がないものの、実弟が大リーグの野球賭博を開帳していたことについて、ダルビッシュ選手が球団の聴取を受ける可能性は高いでしょう」

 家族はどう受け止めているのか。翔容疑者の母親は憔悴しきった表情で「私は何もわかりません」と語り、父のファルサ氏にコメントを求めるも、経営する会社の広報担当者が「プライベートなことなのでお答えできない」というのみだった。

 藤井寺に戻ってきた後、翔容疑者は幼な子を連れて祖母宅を頻繁に訪れていたという。その祖母は本誌の取材にこう答えた。

「(翔は)本当は優しい子なんです。ひ孫を連れて『ばあちゃん、体調はどうや?』って気遣ってくれてなぁ……。

 でも、逮捕されたからには“これはアカンことをした”ということに気づいて、ひ孫のためにも更生してほしい。それだけしか言えんですわ」

 多くの家族、そして何より敬愛する兄を傷つけた翔容疑者。日米球界を揺るがした罪を一番悲しんでいるのは兄・有だろう。

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダルビッシュ翔容疑者 逮捕の瞬間「ふん……」と溜息ついた
ダルビッシュ翔容疑者 賭け金総額5億円、テラ銭5000万円か
ダルビッシュ翔容疑者 兄を助けたり泣いて詫びた「深い絆」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。