ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

郷ひろみ 妻が積極的に仕事に関与して実母がファン離れ心配

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月18日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われた全国ツアー最終公演。この日、60才の誕生日を迎えた郷ひろみは超満員の5000人のファンから祝福されながら全23曲を熱唱し、5か月50公演に及ぶロングツアーを走り切った。

 郷がファンに向かって、「ずっと一緒。ぼくより早く死なないでね」と語りかけると、悲鳴にも似た歓声が上がった。

 会場には、デビュー以来43年にわたって郷を熱狂的に応援してきたファンも多かった。おそろいのオリジナルTシャツを着ていたり、手作りの応援グッズを振ったり…。

 しかし、最近、ファンの間では1つだけ、ある出来事が大きく暗くのしかかっているという。

「最近、郷さんの奥さん、必ずコンサートに来ているでしょう…? 頭ではわかってても、嫌な気持ちになってしまう」(48才・主婦)

「顔を出すにしても会場が暗くなってから席に着くとか、陰で見てるとかだったらいい。それなのにいい席で堂々と見てますからね。とにかく目立つんです」(53才・パート)

 郷が2度の離婚を経て、元プロ野球選手の娘で、元タレントのAさん(35才)と結婚したのは2012年3月のこと。

「24才年の離れたふたりが知り合ったきっかけは友人の紹介。Aさんは夏目雅子に憧れて芸能界入りしたという、栗山千明似の美人です」(郷の知人)

 2014年、ふたりの間には双子の男児が誕生。現在、1才4か月の双子の子育て中だ。

「奥さんは最近の郷さんのライブ会場に頻繁に姿を見せては、共演者やスタッフに挨拶して回っています。もともと結婚前には大手化粧品会社に勤めていたので、つい仕事モードのスイッチが入ってしまうんでしょうか、人目を引く美女だけに客席ではかなり目立ちますね」(音楽関係者)

 冒頭のツアー最終日。この日も彼女の華やかさは客席でも注目を集めていた。ノースリーブのワンピに、髪形はきれいにセットされたアップスタイル。客席中央の“特等席”でキョロキョロと辺りを見回しては、会場を訪れていた郷の友人、大地真央(59才)夫妻らをはじめ芸能関係者と挨拶を交わし、公演後はお見送りまで。妻としては甲斐甲斐しい献身ぶり。しかし、その姿が熱狂的なファンをヤキモキさせていた。

「芸能の世界ではアイドルの妻が表に出てはいけないのは鉄則中の鉄則。たとえば、工藤静香(45才)がSMAPのコンサートで客席のど真ん中に座ることはあり得ないし、福山雅治(46才)が結婚してもいまだに嫁とのツーショットを見せないのも、ファンの気持ちをおもんぱかったから。アイドルの妻は人前では、夫の前にも後にも横にも立っちゃいけない。それくらい気を使わなければいけないものなんです」(ベテランの芸能関係者)

 コンサートのことだけではない。

「Aさんは結婚後、ファンクラブの運営にも積極的にかかわるようになったそうです。“郷さんとの間に入ってくれて助かる”というスタッフの声の一方で、“ちょっと口を出しすぎじゃないか”という思いを抱く関係者も少なくなかった。実は30年来、郷さんのすぐ側にいてファンクラブをとりまとめていたスタッフが最近辞めたのですが、そのきっかけも彼女の介入だったというんです。最近は誰も彼女に意見できず、困っているようです」(前出・郷の知人)

 郷の実母(82才)もそんな様子を心配しているという。

「近所でも評判の美少年だった郷を『九州男児』として厳しく育てたのがお母さんでした。“ひろみ命”で知られ、いわば郷のいちばんのファン。裏方として、郷さんを支え続けてきたお母さんは、Aさんの行動を見て“これでは大切なファンが離れてしまう”と心配しています。あまりに見かねて郷さんに忠告したものの、なかなかうまく伝わらない。一時は嫁姑で口をきかないほどギクシャクしたこともあったそうです」(芸能関係者)

 郷の還暦を祝うため、ツアー最終公演には母親も顔を出していた。しかし、Aさんは義母の隣に座ることもなく、挨拶も早々に芸能関係者との会話に興じていた。郷の母が会場を後にする際、数人のスタッフが手を貸そうと付き添ったが、そこにもAさんの姿はなかった。

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
7月に双子誕生予定の郷ひろみ 親のためをも思ったと関係者
郷ひろみの新妻 元野球選手の父にしつけられた「できた娘」
郷ひろみ再々婚を決意した理由は「もう一度子供が欲しい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。