ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

四つ編みで豪華に作る♪フィッシュボーンのフラワーヘアアレンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

編み込みの種類を変えるだけで違ったイメージに!

前回コラム「フラワーヘアアレンジ」はいかがでしたか?思ったよりも簡単だったのではないかと思います。
何事もチャレンジが大切です。アレンジはやればやるほど上手くなっていきますし、手が慣れて余裕が出てくれば幅も広がります!最初は難しく感じることも、後になってみれば簡単だなと思うことが多くなります。
そうやってオシャレを楽しむことを通じて、自然と美しくなっていくことの手助けができたらと思います!
今回は前回に続いてフラワーアレンジをご紹介します。
作り方は前回と同様ですので、前回のコラムも参考にしながら試してみてください。
少し編み込みの種類を変えることにより、“違い”を比較していけたらと思います!

 

三つ編みと四つ編みでのアレンジの違い

“編む”と言ってもたくさん種類があり、皆様にとって馴染みがあるのは3種類くらいでは?
・2つ編み(ツイスト)
・3つ編み
・4つ編み(フィッシュボーン)
この辺りが主流かと思います。
前回ご紹介させて頂いたアレンジでは3つ編みを使用しました。
今回は4つ編みの中の「フィッシュボーン」という技法を使っています。
左の画像が前回した三つ編み。こちらのアレンジ手順を参考にして、不規則にまとめたものが今回のアレンジです。
右が今回使用した四つ編みアレンジ。
違いとしては編み目の出方、そして細かさになります!編み方とまとめ方を少し変えただけで、仕上がりは違ってきます。
このフィッシュボーンは、見た目が魚の骨のような外見からきたネーミングです。
編み方も四つ編みの中でも三つ編みに近いので、セルフでもやりやすい技法です。

 

これくらいの崩し方がベスト!三つ編みと四つ編みの崩し具合

「ルーズに崩す」ことって、どれくらい崩せばいいのか難しいところだと思います。
画像で比較すれば分かりやすいと思いますが、三つ編みと四つ編みをルーズに崩したものなのですが、違いが分かるでしょうか?
三つ編みに比べ、四つ編みの方が細かくなります!
躍動感は四つ編みの方が出しやすいのが、見て分かると思います。
編みの崩し方は全く一緒ですが、まとめ方を変えると違うイメージになります。
大切になってくるのは発想です!
前回の三つ編みも、今回の四つ編みも技法としては簡単な方で、セルフアレンジでよく使用されている技法になります!
難しく見え、難しく感じるかもしれませんが、編んでしまえれば本当に簡単です!
縛る、編む、留める。
たったこれだけのステップでできます。
慣れてきたら留め方や編み方を変えると見栄えも変わるので、チャレンジしてみて下さい!
ちょっとした発想でアレンジの幅も広がり、見違えるように変化していきますので、次第に楽しくなっていくと思います!
どんどんいろいろ試してみると良いですよ♪
次回はツイストをご紹介致します!

吉田忍

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP