ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】Twitterツイート数を取得するcount.json終了 / 代わりにツイート数を取得する『count.jsoon』開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Twitterのツイート数を取得することができるサービス『count.json』が、サービスの終了を発表した。サービスとはいうものの、Twitterが公式に提供していたものではないため、「Twitterの非公式サービスが使えなくなる」という説明が正しい言い方になる。

・『count.jsoon』というサービスが開始
とにかく今後はツイート数がカウントできなくなってしまうわけで、『count.json』を利用していたサイトは困りもの。特に「ツイート数で記事の人気度を可視化していたサイト」は死活問題になるかもしれない。しかし、『count.json』に代わって『count.jsoon』というサービスが開始されたのをご存知だろうか?

・『count.jsoon』とは何なのか?
『count.json』より「o」(オー)がひとつ多い『count.jsoon』。このサービスは従来の『count.json』とほぼ同じで、自分のサイトやブログに対するTwitterのツイート数を取得し、表示することが可能になるサービスだ。わかりやすくいえば「Twitterの『count.json』に代わりWEBページのツイート数を提供するサービス」というわわけである。

・登録と使い方はカンタン
使い方は簡単で、『count.jsoon』の公式サイトにアクセスし、自分のサイトURLとメールアドレスを記入するだけ。登録が完了すれば「API利用可能のお知らせ」がメールで届くので、あとは従来の『count.json』のように使えばいい。気になる人は、とりあえずチェックしてみてはいかがだろうか?

・欠かせないサービス
どれだけみんなに注目されたか? どれだけみんなに拡散されたか? どれだけ認知度があるサイトなのか? そのあたりを重要視している人たちにとって、欠かせないサービスと言えるだろう。

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/11/04/count-json/

Via: ツイート数取得サービス『count.jsoon』 http://jsoon.digitiminimi.com/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。