ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomiの「Mi 4c」が香港のUniqbe.comで発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本にも発送してくれる香港の通販ショップ Uniqbe.com が Snapdragon 808 を搭載した Xiaomi の「Mi 4c」の取り扱いを開始しました。Mi 4c は Snapdragon 615 を搭載した Mi 4i と同じ外観を採用しつつも、プロセッサを上位の Snapdragon 808 にアップグレードし、USB 端子も USB Type-C に変更、さらに、赤外線ポートを追加するなど、スペックを大幅に強化しています。また、Xiaomi スマートフォンで始めて側面のタップで操作できる “Edge Tap” を搭載しており、Uniqbe.com が発売したのは 3GB RAM + 32GB ROM のホワイトとグレーの 2 色です。価格はホワイトが $272(約 34,000 円)、グレーが $269(約 33,500 円)です。日本に輸入する際の送料と消費税などを考慮して試算した輸入費用の総額は約 41,000 円となります。ただ、Mi 4c は今のところ、中国でしか販売されておらず、おそらく、Uniqbe.com にも中国モデルが入荷したとみられます。中国モデルは Google Play 非対応なので注意が必要です。Source : Uniqbe.com

■関連記事
アナログ腕時計を変更できるスマートウォッチ「Chronos」が発表、Androidでも利用可能
Xperia Z5 Premium(E6853)が台湾で発売開始
国内版Nexus 6PはNTTドコモのspモードに接続可能(更新)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP