ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星空を見上げられる窓が開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。
自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家Aldana Ferrer Garciaさん。彼はこの状況を解決するために、画期的な窓を開発しています。

毎日キレイな星空が見える
家から飛び出る窓

彼が開発しているのは、外に出っ張る窓「More Sky」。
上部がガラスになっているので、窓に寝そべることで部屋の中から空を見上げることができるのです。

高所恐怖症の人はちょっと怖いかも知れませんが、うつ伏せになって下の様子を見ることだってできます。

角度も調整可能で、アングルによってさまざまな景色を楽しむことも。

部屋が広く見える効果も!

空を見上げられる、ということ以外にも嬉しい効果があります。
窓を外側に広げて、部屋に光を取り入れることで狭い部屋でもグッと広く見えるのです。例えば、こんな感じに。

Aldanaさんによると、2016年春には試作品が完成する予定だとか。
安全面は少し気になりますが、この発想はなかった!と驚いている人も多いはず。近いうちに、More Skyの普及する日が来るかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Aldana Ferrer Garcia

関連記事リンク(外部サイト)

食いしん坊必見!どこでもピザが食べられる「ピザ・ポーチ」が話題に
シャンパンを、とにかく「速く飲める」グラスが登場(笑)
「武士の心得」300年前に生きたサムライ15の名言

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP