体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鬱病を予防するために取り入れるべき「10の生活習慣」

日々、ストレスに悩まされているというあなたへ。Little Thingsには鬱症状の予防アイデアが多数まとめられていました。

どれも簡単に日常へと取り入れられることばかり。もちろん体調に異変を感じた時には専門医の指示を仰ぐ必要がありますが、ちょっと気分が上がらないなと思った時には試してみる価値があるかもしれません。

01.
新しい"何か"に触れる

鬱病を予防するために取り入れるべき「10の生活習慣」

WebMDによれば、新たな挑戦をすると脳内で化学物質「ドーパミン」が分泌されるそう。これは、喜びや学習機能に大きな関係のある成分だと言われています。

まだ行ったことのない美術館を訪れたり、新しい言語を学ぶのもいいかもしれません。読んだことのない本を読むだけでも同様の変化が感じられるそうなので、未体験のものに触れる機会を日常に取り入れてみては?

02.
自分で設定した
小さな目標を達成していく

鬱病を予防するために取り入れるべき「10の生活習慣」

鬱病の症状として、まるで何ひとつ達成できないかのような感覚に陥ることがあるようです。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校で鬱病研究をリードしているIan Cook医師は、その対処法として自分自身で小さなゴールを決めてひとつずつ達成していくことを勧めています。

"お皿を毎日洗う"などとても些細なことでかまわないそう。一つできるようになれば、きっと他のこともできるようになるはず。そうやって徐々に出来ることを増やしていくことが大切なのだとか。

03.
睡眠のスケジュールを
一定にする

鬱病を予防するために取り入れるべき「10の生活習慣」

睡眠不足は鬱症状を引き起こす原因になりえます。また、鬱病になることでさらなる睡眠障がいを生む可能性も。

そこでWebMDがオススメしているのは、睡眠スケジュールをルーチン化すること。小さなゴールを設定して成功体験を積み重ねるのと同じように、毎日同じ時間にベッドに入り、同じ時間に起床することを繰り返しましょう。もちろんスマホなど電子機器の電源はオフ!

04.
ビタミンBに注目!
食事に取り入れてみては?

鬱病を予防するために取り入れるべき「10の生活習慣」

ビタミンB12やその他のビタミンB群はとても重要な脳内物質の分泌を促進しているそう。

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」や脳を活性化させる「アドレナリン」、快感や意欲の元になっている「ドーパミン」などに関係しており、不足すると鬱症状に繋がる可能性もあるのだとか。

ビタミンB群が特に多く含まれている食品は、サバやサーモンをはじめ、貝や赤身肉、卵、ほうれん草、ピーマンなどなど。その他、スイスチーズや低脂肪乳にも豊富に含まれているそうなので、毎日の食事に取り入れてみてもいいかもしれません。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。