ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

職場のBGMにウンザリする人々 アニソンを延々聴かされるコンビニ店員「気が狂いそう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スーパーを始めとした小売店やチェーン系の飲食店などでは、就業時間中に絶えずBGMが流れていることがある。流行りの音楽だったり店のテーマソングだったりと、その内容は様々だが、音楽がずっと鳴っているということに耐えられない人もいるようだ。

11月2日、はてな匿名ダイアリーに「仕事場で音楽が流れてるという拷問」という投稿が寄せられた。本文は「うっさい」と一言だけ書かれており、素っ気ないものだが、共感した人が少なくなく、はてなブックマークが40以上寄せられた。
「おさかな天国」の無限ループにマジギレする店員も

やはり、仕事中に音楽がひっきりなしに流れているというのは不快らしく、コメントには投稿主に賛同する意見が多く寄せられた。「クリスマスシーズンのデパートとか店員よく発狂しないなって思うわ」という声もある。

以前、ガソリンスタンドで働いていたという人は、有線放送が垂れ流しされていたのがきつかったと振り返る。

「ループじゃないだけましだけど、それでも耳にも入れたくもない曲ってあるからなあ」

FMラジオならともかく、同じ曲を一日に何回も流す有線放送は、かなり神経に堪えるようだ。仕事とはいえ、好きでもない曲を、それこそ耳にタコができるレベルで聞き続けるのは辛い。

2ちゃんねるには、大手コンビニチェーンの店員がアニメ「けいおん!」とのタイアップキャンペーンにいら立つ投稿が2010年に寄せられている。代表曲の「ごはんはおかず」や「Utauyo!!MIRACLE」などがエンドレスで流れていたといい、「気が狂いそう」と書いている。

特定の1曲をループ状態で何度も聴かされるのは、さらにきつい。ネットには、鮮魚売り場で延々と流れる「おさかな天国」に対して、店員が「マジ切れ」していたという書き込みもあった。
「毎日聴いてたら何にも感じなくなる」という声もあるが

ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機をはじめとする大手家電量販店では、たいていテーマソングがあり、店内で頻繁に流れている。「毎日毎日聴いてたらなんとも感じなくなるって、ケーズの人が言ってた」という書き込みもあったが、慣れるまで辛いことには変わりない。

また、レコードチャイナが紹介した中国紙「重慶晨報」の記事によると、2012年に「江南(カンナム)スタイル」が大ヒットした際に、中国の重慶市内の大型スーパーが店内のテレビで同曲のMVを一日100回以上流した。

この店で働く店員は、同曲を聴く度に吐き気がするようになり、毎日「死ぬ思い」で出勤するようになったという。記事では中国の心理カウンセラーが、どんな好きな曲でも繰り返し大音量で聞けば「騒音」になると指摘。

「長期間これが続くと、聴力に影響が出るだけでなく、心理的にはイライラや疲れ、生理的には頭痛や吐き気などの症状が現れる」

とも語っていた。通りすがりの客にとっては気分を高揚させるBGMだが、やはり仕事中は環境音楽のような無害な音楽か、何もない無音状況の方がよいということだろう。

あわせてよみたい:ここがヘンだよ私の職場!「先輩より早く帰ってはいけない」
 

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。