ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleマップが重い時、サクサク見られるようになる裏ワザ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょうか。

でもアレ、簡単な方法で解決できるそうですよ。

いらない機能に制限かけて
“ライトモード”でサクサク

まずは、ライトモードの説明から。現在、Googleマップには2つのモード(完全版とライトモード)が存在しています。ざっくり違いを言うならば、完全版は3D機能付き。かたやライトモードとは、Googleマップにアクセスした時、必要最小限の機能に絞りこむことで、処理速度を飛躍的に向上させるいわば“裏モード”のこと。もしも、以下の機能を使わず単に地図で目的地を調べたり、ストリートビューを楽しむくらいなら、断然ライトモードがおすすめ!
では、どんな機能に制限がかかるのか。Googleマップのヘルプからピックアップしてみました。

【ライトモードによる機能制限】
・3D画像やEarthビューの表示
・地図上でのパソコンの位置表示
・自宅や職場の住所の設定
・付近の検索、場所間の距離の測定、座標の取得
・ルートのドラッグ機能
・地図の埋め込み
・車両への場所情報の送信
・Googleマップでのマイマップの使用
・Googleマップの地図データの問題の報告

マップを見るだけならば、ライトモードの方がスピーディーに閲覧できますが、今自分がいる地点を調べたり、そこから目的地までの距離を測りたいといったことは制限対象。ちなみにライトモードは、モバイル端末では使用ができません。

ライトモードへの切り替え方法

では、実際どうやってライトモードへと切り替えるのか?方法はいたって簡単。まずはGoogleマップを開き、画面右下の黄色い人型(ペグマン)アイコンの左側、イナズマロゴをクリックし、「ライトモードに切り替える」を選択するだけ。
もしくは、「MakeUseOf」が紹介するこんな方法も。ウィンドウ上部のURL(www.google.com/maps/)の末尾に「?force=lite」を挿入することでも、ライトモードへとチェンジ可能だそう。

なお、PCのスペックが極端に低かったり、ブラウザのバージョンが古いままだったり、完全版のGoogleマップがサポートされていない場合などは、Googleマップが自動的にライトモードへと切り替えてくれることもあるようです。
PCのスペックが低かったり、ちょっとでも動作が重いと感じるような時は、一度試してみてはいかがでしょう?

Reference:MakeUseOf

関連記事リンク(外部サイト)

米軍が「小さすぎるドローン」をテスト!その性能が想像以上にスゴイ
パネル型より35%効率アップ!球体型のソーラー充電システムがカッコイイ
Wi-Fiを可視化できるアプリを使ったら衝撃的だった・・・(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP