体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界の成功者9人、驚きの「タイムマネジメント術」。MTG中は必ず・・・

生活・趣味
Young businessman checking time and talking on the cell phone

もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメント)に成功の大きな秘訣があると強調します。現在、アメリカでベストセラーとなっている一冊のビジネス書より、9人の象徴的なコメントを抽出したWalter氏の記事
世界に名を馳せる起業家たちの時間に対する考え方には、私たちにも共通するヒントが散りばめられていました。

01.
ミーティング中は、
ずっと立ったまま。
(リチャード・ブランソン)

000041794592_Medium

「私が好きなトリックのひとつが、出席するすべてのミーティングを立ったままの状態で行うことです。ビジネスにおいて、この立ったままというスタイルは、意思決定をする上でとてもスピーディーにいくことがわかった。重要な決議においても契約成立の場でもね。時間があるときは、散歩しながらのミーティングもよく実施しています。それから、旅行に行くときは必ず、真っさらなノートを一冊持っていくようにしています。そこに書き留めた無数のアイデアなしに、ヴァージン・グループをここまで拡大することはできなかったでしょう。どんなにいいアイデアが頭をかすめても、それを書き留めておく場所がなければ、翌朝にはどこかへ消えてなくなってしまうのだから」

イギリスの実業家。ヴァージン・グループの創設者兼会長。

02.
予定はカレンダーに
月末から書き込んでいく
(ネイサン・ブレチャージク)

Personal organizer or planner with pen on white background

「私はカレンダーの終わりの日から、自分の予定を遡って埋めていくようにしています。さらに、その日一日に行うフォーカスすべきタスクを毎朝すべて決めてしまうのです。だけど、ミーティングの場で誰かを攻め立てるようなことは、こちらもキツいから、なるべく重要な会議は午後にスケジュールを組むことにしています」

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会