ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽生結弦 ライバル対決敗北から見えた「4回転3回」跳ぶ意味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シーズンが開幕し、今年も盛り上がりを見せるフィギュアスケート。先日行われたGPシリーズ第2戦・カナダ大会では、ソチ五輪金メダルの羽生結弦(20)と、元3年連続世界王者でソチ五輪銀メダルのパトリック・チャン(24)とのライバル対決が、国内外の大きな注目を集めた。羽生の超高難度プログラムと、チャンの完成度の高いプログラム。至高の対戦は、二人の個性の違いを見せつける戦いともなった。

 結果を確認しておくと、パトリック・チャンが271.14点で優勝、羽生は259.54点で2位。ショートプログラム(SP)で6位と出遅れた羽生は、フリースケーティング(FS)で4回転を3回決める鬼気迫る演技を見せたが、フリーだけの点数を見ても、チャンが190.33、羽生が186.29と、チャンに軍配が上がった。

 羽生の今シーズンのフリーは、安倍清明を演じる『SEIMEI』。2種類の4回転を3回、それも1回は後半に跳ぶという、超絶プログラムだ。後半の4回転は氷に手をつくも、3回の4回転を決めた羽生に対し、チャンは4回転1回。(予定では2回だったが、2回目が3回転になった)。また、4回転の次に難易度の高いトリプルアクセル(3回転半)を比較すると、羽生は後半に2回、チャンは前半に1回決めた。つまり「4回転3回、3回転半2回」の羽生に対し、「4回転1回、3回転半1回」のチャンの点数のほうが高いのだ。

 ジャンプだけを比較すると、なぜ羽生の点がチャンより低いのか、首をかしげたくなるかもしれない。理由の一つは「演技構成点」、いわゆる芸術点の差だ。フリーではチャン95.16、羽生88.94と、6点ほどの差がついている。世界一と言われるチャンのスケーティング技術は、ここでも高い評価を得た。

 二つ目は、ジャンプの質に対して加減点されるGOE(出来栄え点)の差だ。現行ルールでは、質の高いジャンプには加点され、一方、ジャンプを決めても質が低いと見なされれば、減点される。フリーのジャンプのGOEだけを比較すると、チャン11.73、羽生は一つ転倒があったことも影響し3.59。つまり、難易度は別として、チャンのほうが質の高いジャンプを跳んでいると評価されているわけだ。

 男子は、トップ選手の多くが4回転を2回跳ぶ時代へと突入しているが、「難易度」のみならず、「質」と「芸術性」の「総合力」で競うのがフィギュアスケート競技だということを、パトリック・チャンは改めて示したと言える。では、羽生の4回転3回の挑戦をどう考えればよいだろうか。フィギュアスケート関係者はこう語る。

「カナダ大会の羽生選手は、4回転を3回決めたものの、普段の実力からすると、一つ一つの技の完成度が高いとは言えませんでした。得意のトリプルアクセルも、ショートでは3点も加点がもらえる質の高いジャンプを決めましたが、フリーではあまり余裕がなかったですね。羽生選手のプログラムは、ジャンプ自体も難しいのですが、ジャンプの入り方も難しいんです。トリプルアクセルなど、過去に見たことのない入り方をしています。普通に跳べば、もっと軽々と素晴らしいジャンプを跳べるだろうにとは思いますが、高みを目指すのが羽生選手なんですね。このように、選手の個性が表れるのがフィギュアスケートの面白さでもあります。

 今回はシリーズ初戦ですから、ここから完成度を上げてくるでしょう。完成度が上がれば無敵なのは間違いありません。また、何かの理由で完成度が上がらなかったときは、戦略家のオーサーコーチのこと、それなりの軌道修正をしてくるのではないでしょうか。

 ただ、彼は次のオリンピックを見据えた挑戦をしている。ですから、今シーズンの結果だけで、プログラムに4回転を3回入れることの是非を問うことはできないと思います。それに競技である以上、結果も必要ですが、アスリートにとって、挑戦も大切です。羽生選手が今度どう考え、どういう演技を見せてくれるか、期待したいですね」

 カナダ大会の後、33歳にして現役を続ける皇帝プルシェンコはロシアの通信社「Rスポーツ」に対して、パトリック・チャンの点数は信じられない(ほど高い)、とコメントしている。フィギュアスケートの勝ち方も一つではなく、アスリートの考え方に唯一の正解もない。羽生の挑戦が身を結ぶよう、ファンとしては応援するばかりだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
グランプリファイナル出場の羽生結弦 精神的後遺症が心配
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ
羽生結弦の中国でのあだ名は「二郎」 ラーメンとは関係ない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。