ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酔っぱらいホイホイとはここだーッ! まっすぐ帰宅を試みるも、深夜食堂の魅惑に秒速で負ける【お食事処 高嶋】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


平日なのに、明日も仕事なのに、終電がなくなるまで飲んでしまったダメな大人たち。街中でよく見かける図ですね。

誘蛾灯がごとく飲ん兵衛を集める深夜食堂

メシ通読者の皆さん、こんばんはー! ライターの川上です! 突然ですが、いま酔っていまーす!げへへ。

写真は出町柳の商店街。近くのお店で仕事の愚痴を言い合ってたら、見事、終電もとうに過ぎた時間になりました。これから歩いて北上しなければなりません。

京都市は左京区、とくに一乗寺付近に住む京都人ならば、この後大体が次のような会話になります。

A「あかん、早く帰って風呂入って寝んと。」

B「いやホンマに。でも頭ではわかっているんですけどね~。」

A「わかっているけど……」

A&B「〆に何か食べたい」

↓ ↓ ↓

A&B「高嶋に行くかー!!

「高嶋」とは、一乗寺駅から徒歩5分にあるお食事処。一乗寺は関西屈指のラーメン激戦区として知られる地域ですが、高嶋ののれんには「うどん・そば」の文字がデカデカと書かれています。もうそろそろ、飲んだ後の〆でラーメンは厳しいものがあるのでね……(遠い目)。

左京区民は、もれなく飲んだあと高嶋のうどんが食べたくなるのです!「今日はまっすぐかえって寝る」と、どれだけ意気込んでも、この黄色い屋根を通るたびに足は左向け左。誘蛾灯よろしく吸い込まれて行く様はまさに“酔っぱらいホイホイ”。


1984年に一乗寺にオープン。それまでは北白川に店を構えていたそうです。

〆のうどんってだけでも酒飲みはたまらないのですが、さらにもうひとつ、こちらのお店が“酔っぱらいホイホイ”である理由があります。それは何でしょう?

写真のお品書きが書いてある看板にご注目ください。

ん?

んん?

営業時間、PM7:00~AM4:00……

AM4:00!!!! ナンダッテー!?!?

そう、なんと営業時間が朝の4時まで。その時間帯、もちろん周りのお店は閉まっていて真っ暗。にも関わらず、日が昇るギリギリまで、ここだけは煌々と明かりが灯されています。街をゾンビのように徘徊する「終電を逃してしまったがまだまだ帰りたくない」ダメ人間たちをあたたかく受け入れてくれる……そう、それが、我らが深夜のオアシス高嶋!

わたしは学生時代から一乗寺近辺に住んでいるのですが、大学生の頃、繁華街でしたたかに飲んだあと、タクシー代がもったいないからと、よく仲間とトボトボ鴨川を北上しました。で、高野の交差点付近まで来たところで(地元民しかわかんなくてスミマセン!)誰かが「高嶋行かへん?」と悪魔のささやき。速攻で全員が白旗あげて、高嶋で夜食を食べたものです。完全にタクシー乗り合わせてまっすぐ帰った方が安くついたはず……。

おっと、思い出話はさておき、早速店内に入りましょう。

こんばんはー。(扉ガラーッ)

店のなかはこんな感じ。飾りっけのないレトロな店内。なんだか懐かしい気持ちになりますね。

歩いてきたためお腹もぺこぺこ、よし食べますか! すみませ~ん、うどん定食ください。ちなみに、お水はセルフサービスなので、自分で取りに行きましょう。

深夜にガッツリ! 背徳感でウマさ倍増


うどん定食(コロッケ付)750円

5分ほど待ったところで、「はいよ、うどん定食おまたせ」とご主人が運んできてくれました。ふぉ~、これこれ。これだよ! 我々の身体が求めていたのは。


湯気でくもるメガネ

ふーふー、はふはふ……。夜風で冷えた身体に、あたたかいダシが染みわたります。

こちらお品書きの表面。見よ、このうどん・そばの種類の多さ。あま~いきつねにするか、具たくさんのしっぽくにするか。カレーってのもいいよな……。「これを食べる!」と決めて入店するものの、いざメニューを見てしまうと迷う優柔不断殺し。

しかし、高嶋のポテンシャルはうどんだけじゃないんです! 深夜営業にもかかわらず、メニューがめちゃめちゃ豊富。

ペラッと裏面。

チキンカツやトンカツ、さらにハンバーグやクリームコロッケなど洋食もズラリ。

いやー、お品書きを眺めているだけでお腹が空いてきますな。というわけで、お店で一番人気というカツ丼も頼んじゃいました。エヘへ♡(現在AM1:30)

いっただきまーす!


カツ丼 800円

カツはしっかり肉感があるのに油っこくなく、さっぱりとしたお出汁がじゅわ~っと染みて……。ふわふわの卵との相性は抜群。この時間でもペロリといけちゃいます。うんめぇ。一緒に提供されるお味噌汁とお新香が、よい小休止になって箸が止まりません。

思いっきりがっついたあとは満腹のお腹をなでつつ、テレビを見ながらホッとひと息。深夜のテレビ番組って、やけにくだらな面白くてずっと観てしまいますよね。ええわぁ~、この時間。ともすればウトウトしてしまいそうです……。

いかん、寝落ちしてしまう前に、高嶋最大の謎である「なぜ営業時間が朝4時までなのか」の答えを探るため、ご主人に突撃しましょう。

お客さん思い! 朝まで営業の理由とは

ご主人は約40年前に脱サラをして高嶋をオープンし、現在は奥様と二人三脚でお店を支えていらっしゃいます。「写真はあんまり好きちゃうなぁ」というご主人の代わりに、店内カウンターに鎮座する、たぬきのお写真でお送り致します。


ポンポコポン。

──なぜ定食屋さんなのに、朝方まで開いているんですか?

「お客さんの『もう少し長く店を開けてほしい』という要望に答えて、1時間ずつ営業時間を延ばしたら結局朝4時になってしまいました。昔はお昼に出前もしていたんだけどねぇ、朝方まで店を開ける代わりに、夜7時からの営業にしました。」

──昼夜逆転生活を送っているわけですね……。

「そうやねぇ。最初は品もうどん、丼、定食のみやったけど、お客さんがお酒に合う一品もほしいと、どんどんメニューが増えていきました。」


壁にかけられた一品メニューの数々。「とり唐」(300円)や「じゃこおろし」(300円)など、お酒のつまみにぴったりな料理ばかり。

ご主人は普段からお酒を飲まないため、お酒を好きな人がどんな料理を合わせて食べたいのかわからず、「こんなんほしい」というリクエストに答えていったらしいです。ご主人飲まへんのにやさしすぎるやろ。神かよ。

実際、夜もさらに更けてくると、周辺の飲食店で働く方や、そのお客さんたちがビールを片手に談笑する姿が見受けられました。

「せやからお食事処やけど、夜中は居酒屋みたいにもなるね。他にも小さいお子さんがいる家族や学生さんなど、いろんなお客さんに来てもらっています。」

と、微笑みながら話してくれたご主人。ご主人のやさしさが、お店の営業時間にも、料理の味にもあらわれているんですね!

これからどんどん夜が長くなって、まだ寝たくないなぁ、まだ家に帰りたくないなぁ、という夜が増えてきます。そんな時はぜひ、高嶋においでやす。酔っぱらいの人も、人の温かさに触れたい人も、ぜんぶまーるく包み込むような心地良さがここにあります。

店舗情報

お食事処 高嶋
住所:京都京都市左京区一乗寺赤ノ宮町22-1
電話番号:075-781-1514
営業時間:19:00~翌4:00
定休日:日曜日


書いた人:
川上ひろこ

大阪府出身。「京都好きが知らない京都」をコンセプトにした京都の情報サイト『ナポリタン』の編集・ライター。タイ料理が好きすぎて、京都のおいしいタイ料理屋さんでアルバイトをはじめました。 公式サイト:ナポリタン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。