体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

酔っぱらいホイホイとはここだーッ! まっすぐ帰宅を試みるも、深夜食堂の魅惑に秒速で負ける【お食事処 高嶋】

f:id:mesitsu_la:20150930184612j:plain
平日なのに、明日も仕事なのに、終電がなくなるまで飲んでしまったダメな大人たち。街中でよく見かける図ですね。

誘蛾灯がごとく飲ん兵衛を集める深夜食堂

メシ通読者の皆さん、こんばんはー! ライターの川上です! 突然ですが、いま酔っていまーす!げへへ。

写真は出町柳の商店街。近くのお店で仕事の愚痴を言い合ってたら、見事、終電もとうに過ぎた時間になりました。これから歩いて北上しなければなりません。

京都市は左京区、とくに一乗寺付近に住む京都人ならば、この後大体が次のような会話になります。

A「あかん、早く帰って風呂入って寝んと。」

B「いやホンマに。でも頭ではわかっているんですけどね~。」

A「わかっているけど……」

A&B「〆に何か食べたい」

↓ ↓ ↓

A&B「高嶋に行くかー!!

「高嶋」とは、一乗寺駅から徒歩5分にあるお食事処。一乗寺は関西屈指のラーメン激戦区として知られる地域ですが、高嶋ののれんには「うどん・そば」の文字がデカデカと書かれています。もうそろそろ、飲んだ後の〆でラーメンは厳しいものがあるのでね……(遠い目)。

左京区民は、もれなく飲んだあと高嶋のうどんが食べたくなるのです!「今日はまっすぐかえって寝る」と、どれだけ意気込んでも、この黄色い屋根を通るたびに足は左向け左。誘蛾灯よろしく吸い込まれて行く様はまさに“酔っぱらいホイホイ”。

f:id:mesitsu_la:20150930184613j:plain
1984年に一乗寺にオープン。それまでは北白川に店を構えていたそうです。

〆のうどんってだけでも酒飲みはたまらないのですが、さらにもうひとつ、こちらのお店が“酔っぱらいホイホイ”である理由があります。それは何でしょう?

写真のお品書きが書いてある看板にご注目ください。

f:id:mesitsu_la:20150930184614j:plain

ん?

f:id:mesitsu_la:20150930184615j:plain

んん?

f:id:mesitsu_la:20150930184616j:plain

営業時間、PM7:00~AM4:00……

AM4:00!!!! ナンダッテー!?!?

そう、なんと営業時間が朝の4時まで。その時間帯、もちろん周りのお店は閉まっていて真っ暗。にも関わらず、日が昇るギリギリまで、ここだけは煌々と明かりが灯されています。街をゾンビのように徘徊する「終電を逃してしまったがまだまだ帰りたくない」ダメ人間たちをあたたかく受け入れてくれる……そう、それが、我らが深夜のオアシス高嶋!

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。