ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一年中電気代いらずの冷蔵庫!? オランダの“エコ地下貯蔵室”が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オランダで今年の「デザイン・アウォード」にノミネートされた「Groundfridge(グラウンドフリッジ)」が話題を呼んでいる。

同国出身のデザイナー、Floris Schoonderbeek氏が手掛けた「グラウンドフリッジ」は、地下の遮光性と一定の温度環境を利用することで、電気を使わずに食材を冷やせる“地下貯蔵型冷蔵庫”。

円形型シェルターのようなこの貯蔵庫では、1年を通し約10~12度に室温を保つことができるため、野菜や果物、ワイン、チーズなどの保存に最適という。

収納量は約3000リットル。これは家庭用冷蔵庫約20個分にあたり、家族5人分の食料が楽々収まるほどの収納力だそう。

これだけの食料を、全くの“ゼロ・エネルギー”で保存できるというのは、まさに画期的!

「グラウンドフリッジ」は直射日光を避けた、木の根付近の地中に埋めるよう指示されている。

室内には食料品を置きやすいよう、数段のラックが備え付けられており、入り口から伸びた階段を使って出入りすることができる。

災害時にはシェルターとしての利用も想定されているという同商品は、Weltevreeにて購入が可能。(配送は2016年を予定)

販売価格は7450ユーロ(日本円で約98万円)。

日本の豪雪地帯で古くから利用されてきた「雪室(雪むろ)」を思い起こさせる同商品。

世界のエコデザインに関心がある方は、早速チェックしてみては?

Groundfridge(Weltevree)
http://www.weltevree.nl/ENG/collectie/groundfridge

エコ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP