ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ゲーム開発者・中村光一氏 Wii Uは「リビングで中断されることなく続けられる」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
チュンソフト社長の中村光一氏

 アメリカ・ロサンゼルスで2011年6月7日から9日まで(現地時間)開催された家庭用ゲームの国際見本市「E3」では、Wii UとPlayStation Vitaという2つの新しいゲーム機について発表がなされ、ゲームファンの話題を集めた。

 ニコニコ生放送では6月8日、E3の検証番組を放送。番組でゲーム開発者の中村光一氏(『風来のシレン』など)と斎藤由多加氏(『シーマン』など)は、任天堂の新ゲーム機Wii Uについて一定の評価を下した。中村氏によるとWii Uは、リビングで遊んでいても家族によって中断されることがなく、ユーザーが「電源を切らずに続けられる」という。

 2人はそれぞれWii Uに抱いた印象として「(TV画面に加え)手もとの画面でも入力できることで、戦略性の高いゲームが作りやすくなる」(中村氏)、「ディスプレイとコントローラーの画面という構造はニンテンドーDSのまんま。目線の距離感は変わるが、開発者がDSのときに2画面で苦労して手に入れた経験をWii Uにも継承できる」(斎藤氏)と語り、「作り手の発想が入ったマシン」という点では同じ見解であることを示した。

 また中村氏は「ゲームを作っている側には『ユーザーの時間をどれだけ確保するか』というテーマがある」と語り、「お母さんがどうしても観たいTVがある、お父さんが野球が見たいというとき、Wii Uは(電源を)切らせずに続けられる」と語った。コントローラーについても「ディスプレイ、タッチパネルが大きいことは重要。例えば文字をコンピューターに入力してに伝えるのがに楽になる。しかもそれを茶の間でみんなでやれる」と語るなど、Wiiの後継機としてWii Uを高く評価した。

 一方で斎藤氏は「セールスとか市場性の点でいっても、Wii Uはけっこうチャレンジング。尖がったことをやっているなと思う」と、Wii Uには挑戦的な部分もあると指摘した。

村井克成

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]Wii Uに対する中村氏のコメントより視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv52454491?ref=news#0:10:04

【関連記事】
任天堂、新型ゲーム機「Wii U」を発表
E3でWii後継機発表へ 高橋名人は「ひとつのハードが5年10年と続いてほしい」
ドンハン稲船、新会社の採用条件に「僕のことを嫌いな人は来ないで」”

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。