ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフト、映画『アナと雪の女王』のコスチュームでイディナ・メンデルと共に『Let It Go』を熱唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Taylor Swift Let It Go

テイラー・スウィフトはハロウィンの夜もコンサートを行っていた。しかし心配することはない、彼女はちゃんとコスチュームを着ることができた。

この大スターは、10月最後の土曜の夜に自身のコンサート・ツアー『1989』の米国公演を閉幕した。ツアーを追い続けていた人なら驚かないだろうが、彼女はフロリダ州タンパでのコンサートにスペシャル・ゲストを連れてきた。スウィフトがディズニーのヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go』を歌おうとした時、同作でエルサ役の声を演じたイディナ・メンゼルが登場したのだ。

2人は全身コスチュームで現れた。メンゼルは自身が声を演じた氷の女王のような青く輝くドレスに身を包み、スウィフトはオラフのコスチュームで着飾った。



「今夜は『アナと雪の女王』を完璧に再現したわ。5万5000人のお客様と一緒に『Let It Go』を大合唱したの。もう少しで息が止まるところだった」と、スウィフトはその夜のインスタグラム(Instagram)に綴った。

スウィフトとメンゼルはパフォーマンスの途中でそれぞれのコスチュームを脱ぎ捨て、コンサートにふさわしい衣装へと変わった。

「ありがとう、テイラー・スウィフト! 間違いなく超現実的体験だった。いや、エルサにとっての超現実的体験ね!」とメンゼルは自身のフェイスブックに綴った。

もっと見る:米国アルバムチャート:テイラー・スイフト、1年間連続全米トップ10入りを祝う(英文)

スウィフトはその夜、もう一人のスペシャルゲスト、アレッシア・カラを迎えた。カラはスウィフトの『Bad Blood』をBBCラジオでカバーし、スウィフトをいたく感動させたため、スウィフトはこの件についてツイートした。カラは大勢の観客を前に、自身のヒット曲『Here』を披露した。


Olaf vibes.

Taylor Swiftさん(@taylorswift)が投稿した写真 –

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。