ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NEC、腕に投映した仮想キーボードで文字を入力できるスマートグラス向け「ARmKeypad(アームキーパッド)を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NEC は、腕に仮想的なキーボードを投映するスマートグラス向けの新 UI を開発したと発表しました。「ARmKeypad(アームキーパッド)」と呼ばれる新 UI は、スマートグラスとスマートウォッチを連携させた AR 技術で、人に腕に仮想的なキーボードを投映し、物理キーボードがなくても文字を入力することができます。利用シーンは工場での立ち作業や点検といったキーボードが持てない場面で、ハンズフリーでデータを記録したり、業務レポートなどを作成することが可能になります。このようなアイデアは過去にもありましたが、今のところ商用化はされていません。NEC はアームキーパッドを NEC グループ主催の「C & C ユーザーフォーラム& iEXPO2015」(11 月 12 日 ~ 13 日)で展示するとしています。Source : NEC

■関連記事
ASUS、米国で「ZenWatch 2」のローズゴールドを発売開始
Xiaomi、心拍センサーを備えた「Mi Band 1S」を近々発表へ
Google、CardboardのAndroidアプリをリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP