ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芋焼酎出荷量で宮崎が鹿児島を逆転 サツマイモが宮崎に流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 隣り合う都道府県の住民同士が「ライバル意識」を抱くことは珍しくないが、いま最も熱を帯びているご当地バトルは「鹿児島vs宮崎」の南九州対決だ。

 鹿児島市の繁華街・天文館の 摩料理店「黒福多」のカウンターには黒伊佐錦、白波、桜島といった地元・鹿児島産の芋焼酎が並ぶ。店主の牧豊年氏がいう。

「芋焼酎は鹿児島人の生活に根付いている。私は7歳から飲んでいました(笑い)。鹿児島の焼酎文化は大事にせんといかん」

 サツマイモを原料とする芋焼酎は鹿児島が本家──そんな自負が見て取れる。だが、店には芋焼酎で全国シェア4割を超える霧島酒造の「黒霧島」は1本も置いていない。その理由を牧氏はこう明かす。

「霧島酒造の本社がある宮崎県都城市は、県境に近くて鹿児島の文化圏でしょ。率直にいってもよかですか? 宮崎は鹿児島の二番煎じが多いとですよ」

 店主がそう語気を強める背景には、「芋焼酎ナンバーワン」の座を巡って起きた異変がある。本格焼酎の出荷量10年連続全国1位だった鹿児島県は前期(2014年7月~2015年6月)、トップの座を宮崎県に明け渡し、芋焼酎に限った出荷量でも初めて宮崎県に逆転を許した。

 原動力となったのが「黒霧島」などを展開する霧島酒造の躍進だ。同社は2012年に売上高日本一の酒造メーカーとなり、3期連続でその座を守っている。霧島酒造の好調が宮崎県全体の出荷量を押し上げた格好だ。

◆「鹿児島で獲れたイモなのに!」

 霧島酒造の広報担当者はこう語る。

「好調の要因は原料調達が計画通りにいったことに加え、関東や関西エリアで本格焼酎の出荷数が増えたことが挙げられます」

 一方、その“原料調達”を鹿児島側で複雑な思いで見ている人も少なくない。黒霧島の原料であるサツマイモ「黄金千貫(こがねせんがん)」の収穫期にあたる10月には、鹿児島県の生産農家から黄金千貫を運ぶ大型トラックが霧島酒造までの国道に列をなすという。鹿児島のサツマイモが宮崎に“流出”しているのだ。鹿児島県内にある酒造メーカー関係者が証言する。

「鹿児島で焼酎をつくっているのは小さな会社が多い。宮崎側が工場を増設して大量生産に乗り出したら、原料の芋の値段が高騰してしまう。鹿児島で穫れたサツマイモなのに、こちらのメーカーは手が出なくなってしまうんです」

 鹿児島県酒造組合は10月から「かごんま(鹿児島)は焼酎で乾杯」をスローガンに本格焼酎活性化運動をスタートさせた。繁華街にスローガン入りのポスターやのぼりを掲げ、消費拡大のためのテレビCMを打ち、1万人で一斉に乾杯するイベントを計画するなど、“首位奪還”に向け躍起となっている。

 そうした複雑な県民感情があってか、鹿児島の飲食店での黒霧島の“シェア”は低い。鹿児島市内にあるスナックの30代ママはいう。

「店には黒霧島も置いていますけど、飲む方は圧倒的に少ないです。年配の方は白波、若い人は黒伊佐錦や三岳を好みますね。どれも鹿児島産の焼酎です。カラオケを歌うとなれば真っ先に(鹿児島出身の)長渕剛ですし、皆さん地元愛にあふれてますよ」

 事態をさらにややこしくするのが、「霧島」というブランド名だ。由来となった霧島山は鹿児島と宮崎にまたがる火山群だが、宮崎側に霧島の名を冠した市町村がないのに対し、鹿児島では2005年の市町村合併で「霧島市」が誕生している。

「霧島といえば鹿児島」というイメージが強い上に、霧島酒造が本社を置く都城市は鹿児島との県境に近く、方言も宮崎市より鹿児島市のものに似ている。 摩藩主の島津家発祥の地とされる“鹿児島文化圏”だ。前出の霧島酒造の担当者も戸惑いを隠さない。

「鹿児島を抜いて宮崎が出荷量で1位となったといっても、県同士で競うためにやっているわけではありませんから……。都城はもともと薩摩藩に属していて(明治時代に)一時期、鹿児島県でもあったのは事実ですし。原料のサツマイモは昔から大隅半島を中心に、鹿児島と宮崎から半々で調達しているんですがね」

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
薩摩焼酎や琉球泡盛 スコッチやコニャック同様原産地認定品
九州の風邪対策 佐賀のすっぽん、宮崎の焼酎、鹿児島の柿等
新年断酒宣言男「鹿児島では酒=焼酎」と言い張り日本酒党に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP