ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『Bellroy Coin Fold(Tamarillo)』現金、クレカ、電子マネー、SIMカードを一元管理できるスリム財布!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
IMG_1306

ーキングユニット・ジャパン株式会社(東京都港区)から機能性とデザインにこだわりぬいたスリム財布『Bellroy Coin Fold(Tamarillo)』(11.5 x 9cm・希望小売価格 税抜12400円・発売中)が登場。カードとカードの間のレザー生地を省くことによって”パンパン”状態を防ぐ上、SIMカード収納もできる今どきユーザーのための機能がキラリと光る。

 

2010年、オーストラリア・メルボルンで生まれた新興ブランドのBellroy(ベルロイ)。機能性とスマートさを追求したレザー製品で有名だが、財布の他に高級革製iPhoneケースも人気があるので、そちらで知っている人も多いだろう。

IMG_1271

そのこだわりはパンパンに膨らんだ学生のみっともない財布を見て「もっとスリムな財布は作れないか」という発想から生まれたというだけあって、使用されている皮革自体も薄く、カード間のレザーを廃するなど徹底したスリム機能が特徴だ。一見すると薄手のレザーは高級感としては1ランク下がって見えてしまうものの、実際に使用することを考えるとポケットに入れても服のシルエットが崩れにくいところは非常にうれしい。

IMG_1276

記者としても無様に膨らんだ財布が苦手なので、このコンセプトは絶賛せざるを得ない。実際問題として、小銭と数枚の札のほか、クレジットカード、SuicaやPASMOといった交通系電子マネーに幾つかの会員証の類、運転免許証などのIDが入れば事足りるのが現代。

一昔前だと現金をある程度持っていないと不安なものだったが、おサイフケータイなど使う人にとっては、もう財布に強力な収納力を求めることはなくなっているのではないだろうか。

IMG_1281

そんな状況下での理想の財布として生み出された『Bellroy Coin Fold(Tamarillo)』。カラーリングはこのタマリロ(ツリートマト)以外に、ブラック、ジャワ(濃茶)、ブルーの4色展開。タマリロは通常のブラウンよりは赤みを帯びていて、おっさん臭さを上手く防いでいると同時にクラフト的な匂いの色味がいい。

IMG_1275

重さは一瞬「紙製?」と誤解してしまうほど軽い。ともすると安っぽく見えないこともないフルグレインレザー。これは体毛を取り除いただけの皮革のことで、ザックリした肌触りが魅力。この『Bellroy Coin Fold(Tamarillo)』はそのフルグレインレザーを野菜色素で染め上げたナチュラル感あふれる風合い。むしろツルツルしない触感は財布機能としては良い要素。記者はつるりと磨き上げられたレザー財布で何度もポケットからするりと脱出されて大事になった経験があるので、この程よいマット感は嬉しい。というか、財布にツルツルは求めない。

IMG_1279

実際に財布をなくすとクレジットカードなどをストップさせる手間はかなり膨大。出てきたら出てきたで、再度クレジットカードを利用可能にさせるのもひと苦労なのでツルツル財布を選ぶ際には十分覚悟した方が良いと思う。

IMG_1309

さて実際の使用感だが、財布を折りたたんでロックする機構が金具を使わずに皮のツメをひねってサクッと留めるのが面白い。クラフト系財布風のお楽しみギミックだ。

IMG_1297

収納できるカード類は、厚手のクレジットカードなどは3枚。もしくは厚手カード2枚と数枚の薄手の会員証類となる。薄手の二つ折りがゆえに紙幣の収納力も3枚程度が理想と、札束を持ち歩きたい人には向かないが、近年芸能人でもない限り現金を大量に持ち歩く機会も少ないのではないか。まさに電子マネー時代の財布という印象である。

c43dd20cfa1f121089a19a8fe4f75f04_s

さらに現代的だなあと痛切に感じたのが、紙幣入れの内側に存在するSIMカード収納ポケット。今は日本もキャリアに因われずスマホを使えるSIMフリー端末が増えた。海外出張や旅行の多い人は、通話料の節約のため現地のSIMカードに入れ替えるのだが、SIMカードは小さい上にデリケートなもの。きちんとしまいたいけれどなかなか管理は大変だ。

IMG_1293

そんな時に役立つのが、『Bellroy Coin Fold(Tamarillo)』のSIMカードポケット。地味だけれどこれは気が利いている。この財布によって紙幣、小銭、クレカ、電子マネー、SIMカードの一元管理が可能になるのだ。そしてフォルムもスリムタイプ。何とスマートな財布なんだろうか。

IMG_1288

ちなみに小銭入れ部分はファスナーなどで閉めるのではなくストッパー突起が付いているだけのシンプルなもの。最近は小銭の出番も少なくなってきたので、スーパーなどに足繁く通うのでもなければこの程度で充分なのだろう。

IMG_1269

結論として、なるべく財布周りをスマートかつシンプルにまとめ上げたいという理想に燃えている人には非常に魅力的な製品だ。その分、小銭たっぷり、クーポンや割引券の類を盛りだくさんで使っているタイプの人には合わないと言える。心情的にはこんなシンプルな財布に合う生活をしたいものだとつくづく思うのだけれど。

またリサイクルにも向いていて、素材は全て有害物質を発しないものに限定、分解も簡単というところがさらに最先端。

IMG_1264

ちなみに今回紹介したのは日本円対応サイズで、他にユーロ、英ポンド、シンガポールドル、香港ドルなどの高さ82mmまでの紙幣に対応する。天地サイズが8.2cmでアメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドなどのドルとロシア・ルーブルなどの高さ75mmまでの紙幣に対応したモデルもある。プレゼントに使用する場合は相手の国籍に合わせて選べる。プレゼントの場合には、硬質なボール紙を縫製して作られたタグ付きの外装も無闇やたらにかっこいいので、シンプルライフを理想とする男性中心に喜ばれるに違いない。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。