体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『光目覚まし inti(インティ)』寿命の縮む爆音アラームから解放されて爽やかな寝起きを迎えるための最終兵器!

CR5_0049

寂をつんざくアラーム音に驚いて目覚め、うんざりしながら辛い眠気を振り払うように濃いコーヒーを流し込んでいる人も多いのでは? 仕方ない、それが勤め人の定めだと諦めているのなら、ムーンムーン株式会社(熊本県熊本市)『光目覚まし inti(インティ)』(13cm x 3.5m/350g・希望小売価格 税込26800円・発売中)を試してみるのがいいかもしれない。音ではなく光で目覚めることによってすっきりとした起床が可能になるという。本当なのだろうか。

 

実際問題、大きなアラーム音で目覚めるのは苦痛。ただ苦痛なだけならまだしも、体に悪いというんだから恐ろしい。状況としてはこうだ。安穏と眠っている人間を大きな音で起こすということは、体に緊急事態発生の警報を鳴らすのと同じ。つまり朝っぱらからアドレナリンを大放出してしまうのである。いわゆるアドレナリンは”闘うか、逃げるか”の生死を分かつべき時に放出すべきもの。

IMG_0302

アドレナリンでもちろん目は覚めるのだけれど、体には大きな負担がかかる。医療現場で使用される場合は、それこそ心停止の時に用いるくらいの緊急事態。これを毎朝続けていいはずがない。自律神経がズタズタになることは間違いなしだ。

そうした根拠から、開発されたのがこの光で目覚める『光目覚まし inti(インティ)』。人間は音でも目覚めるが、光でも目覚めることができる。理想は徐々に明るくなる光。それによって体の準備も整いつつ目覚めることができる。本来は太陽の光がその役目を果たしていたのだが、日当たりの良い部屋だったり、晴天だったりという条件も揃わなくてはならないし、夜明けとともに目覚めるのでは早すぎるという人も多いだろう。この『光目覚まし inti(インティ)』はそうした太陽の代わりを果たす道具。光源はLEDだ。

IMG_0371

ちなみにインティとはインカ帝国の太陽神。歌手のナオト・インティライミと同じ語源。

実際に価格を見ると目覚まし時計としては破格。だが太陽を買えると考えれば安いものと考えるべきなのだろう。そして何よりうれしいのは2500ルクス以上の光を浴びることによって体内時計がリセットされ、快適な起床のできる体に変化するということ。この『光目覚まし inti(インティ)』は、なんと最大8万ルクスの光だというからオーバースペックなくらいに明るい。うつ病でも不足するセロトニンという体内物質が活性化するほどの強力な光は、コンビニエンスストアの店内よりも明るい。

IMG_0369

通常の白熱球だったら大火傷か火事になりそうなものだが、発熱の少ないLEDを使用することによって安全性を高めている。電気代も同様(消費電力は最大15W)。色々と納得したところで、あとは実践あるのみ。

IMG_0306
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。