ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

働く女子の味方!カップスープ実食取材『じっくりコトコト』売れ筋&新商品5をメーカーに聞いてみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

い冬のオフィスランチは、カップスープで決まり! コンビニで気軽に購入できるのに、そのバリエーションも豊富で嬉しい。今回はコンビニでよく見かけるカップスープメーカーに直撃取材し、売れ筋ベスト3や新商品について徹底リサーチ! まず第一弾は、誰もが知っているポッカサッポロ フード&ビバレッジ株式会社『じっくりコトコト』シリーズだ。

カップスープ『じっくりコトコト』シリーズは、2009年秋までは「じっくりコトコト煮込んだスープ」として発売。自宅でつくる箱タイプの商品を思い浮かべる人も多いだろう。その歴史はとても長く、初めて箱タイプが発売されたのは今から約20年前の1996年で、この年に、カップスープも発売されている。その後、缶入りのコーンポタージュが登場し、2002年には私たちが知っている現在の姿である「パン入りのカップスープ」が新登場した。これまでコーンスープといえばコーンかクルトンの二択だったのだが、「じっくりコトコト煮込んだスープ」によってパンとスープの相性に気づかされたのだった。

 

売れ筋ベスト3

2015年現在、カップスープ『じっくりコトコト』シリーズは約8種類が店頭に並んでいる。販売元のポッカサッポロ フード&ビバレッジ株式会社によると、売れ筋No.1はもちろんあの商品。シリーズを代表する定番スープの『こんがりパン コーンポタージュ』だ。

続いてNo.2は、『こんがりパン クリーミークラムチャウダー』。この冬から、クラムチャウダーと相性の良い”オニオンパン”に進化したというから注目である。

そしてNo.3は、『こんがりパン 濃厚かぼちゃポタージュ』。かぼちゃは、冷え性改善や免疫力の向上に効果的な野菜。働く女性の強い味方だ!

人気の理由を確認

まずは、こちらの売れ筋ベスト3を実際に食べて、人気の理由を確かめてみたい。『じっくりコトコト』のつくり方や待ち時間は、どれも統一されているからとてもわかりやすく簡単。お湯を入れて、完成するまで2分とかからない手早さも、忙しいランチタイムにぴったり。

それでは始めに、カップ上部のフタを開けて内側の線までお湯を注ごう。

使用するお湯の量は200ml。こんがりパンと粉末スープが少しずつお湯にひたっていく。

『じっくりコトコト』の特徴であるこんがりパンは、普段はカリカリクルトン派の人も驚くほどのしっとり食感に仕上がるところ。一見、普通のパンなのだが、単に「ふやける」というのとはちょっと違うのだ。

お湯を入れたらぐるぐるとスプーンでかき混ぜて、あとは1分間置いて待つだけ。ただこれだけの工程で、おいしいスープが食べられるなんて嬉しい。

おにぎりやサンドイッチだけでも十分。そんな時もあるが、冷房のきいたオフィスや寒さが増す秋冬は、ランチの一品がほかほかになると一気に幸福度が高まる。

できあがると、さっそくこんがりパンをチェック。『こんがりパン コーンポタージュ』のとにかく濃厚なコーンポタージュをたっぷり吸って、見事にふんわりしっとりしている。

口に入れると、パンはトロトロにとろけてとっても滑らか! 飲むというより「食べる」スープであることに人気の理由がうかがえる。これぞ、デスクランチの女王様。

続いては、売れ筋No.2の『こんがりパン クリーミークラムチャウダー』を試食。こちらは、牛乳をベースとした白いクリームスープに魚介の風味が効いた冬の定番スープ。魚介の、特に、あさりの香りが良い。

見た目はやや薄いクリーム色で、とろりとしているがそれほど濃くなく食べやすい。濃厚な他の商品と比べるとこんがりパンの主張が少なくなるが、新開発された”オニオンパン”の後味はほのかに玉ねぎの甘みを感じる。

そして、売れ筋No.3の『こんがりパン 濃厚かぼちゃポタージュ』も試食。こちらは粉末スープも見るからにかぼちゃ色。フタを開けた時点で、かぼちゃの甘い香りに癒される。

コーンポタージュと同じくどろっとしているが、それでもなめらかで食べやすい。かぼちゃの香りと甘みがたまらない。チキンやビーフのサンドなど濃い系のサンドと良く合う。

こんがりパンとかぼちゃの相乗効果で、とてもボリュームあるスープだから、「忙しいけれど、がっつり食べたい!」という人におすすめ。

 

この秋冬に登場の新商品

売れ筋ベスト3をリサーチしたところで、次はこの秋冬に登場したばかりの2つの新商品を試してみよう。これまでにない”サクサクパイ”が注目の『チキンのクリーミーポタージュ』と、いかにも女子人気が高そうな『こんがりパン ほうれん草チーズポタージュ』だ。

まずは『サクサクパイ チキンのクリーミーポタージュ』から。じっくりコトコトのシリーズは、スープを吸ってもしっとりおいしい「こんがりパン」が特徴なのだが、今回はサクサク派にも嬉しい「ふやけにくい堅焼きパイ」を採用。

お湯をかける前の状態で、サクサクパイとこんがりパンを見比べてみると、サクサクパイはミルフィーユ状の層になっているのがわかる。

(写真左:サクサクパイ 写真右:こんがりパン)

しかし、お湯をかけてもサクサクを維持できるものなのだろうか? やや疑いを持ちながらも、200mlのお湯を注ぐ。

お湯を注いでかき混ぜ、1分間待ったら出来上がり。スープは、クラムチャウダーに近い薄いクリーム色をしている。

お湯にひたったサクサクパイは、見た目にはしんなりしているようにも見える。果たして食感は?

サクサクパイを食べてみると、一部はしっとりしているものの、サクサク食感は健在! いや、サクサクというよりはカリカリか。どのサクサクパイも、カリカリとしっとりのどちらも混ざり合っていて、とてもおいしい。

あっさりホワイトソースのようなポタージュに冬を感じるし、これは一度食べるとハマる! 毎年の冬季限定商品として、ぜひ来年も発売してほしい。

ラストは、同じく新商品の『こんがりパン ほうれん草チーズポタージュ』。簡単に食べられるデスクランチだと野菜不足になりがちだから、ほうれん草とチーズの組み合わせには心が躍る。

フタを開けると、乾燥ほうれん草がたくさん入っているのがわかる。チーズの香りがふわっとただよい、おいしそう。

お湯を注ぐとチーズの香りは少なくなり、こんがりパンとほうれん草の存在感が増す。

スープをごくりと飲んでみると、チーズの旨味と甘じょっぱさをほのかに感じる、優しいポタージュ。ほうれん草は苦みがまったくないので、野菜嫌いの女子でも食べられる。

トロトロになったパンを口に入れると、さらにうまい。こちらも手軽に作れるカップスープとは思えないくらい、本格的な味がする。今日のお昼はカップスープだけ、という場合でも満足度が高い。

『じっくりコトコト』はすでに不動の人気を誇るカップスープだが、売れ筋3商品の安定感はもちろん、新登場した2商品に関してもその味にさすがのうまさを感じた。チキンを使うことも、ほうれん草とチーズの組み合わせにも意外性があるわけではないが、これまでありそうでなかったみんなが好きな味を、高いクオリティで再現してくれているところが良い。また、サクサクパイの登場で、しっとり派とサクサク派の選択肢も広がった。
ポッカサッポロ フード&ビバレッジ株式会社『じっくりコトコト』カップスープは、各1食につき参考価格160円(税込172円)というお値段も魅力。今回食べてみた商品以外にも、「根菜を食べるチャウダー」や「ビーフハヤシ風スープ」など季節限定風味も食べてみたい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP