ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

航空宇宙エンジニアが開発!「スマホ」を載せて飛ばせるドローン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TwxaXeWDgA1524761254i_dyHJ8LbRAlYdAK3J7qMzHaJrT_HLlpc

小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕生。ポイントは“後載せ”という斬新なアイデアにありました。

スマホをドローンに搭載
お手軽“空撮“が楽しめる

98CXGjvAhVnNcU1wu6SLzR4BfxHjnUIiSyOpYm-wqwg

TwxaXeWDgAi_dyHJ8LbRAlYdAK3J7qMzHaJrT_HLlpc

より安価で、より手軽に空撮を楽しめるドローン製作を目指し、xCraft社が独自開発したこの「PhoneDrone Ethos」は、カメラを後載せするタイプのクワッドコプター。自分のスマホを搭載してドローン化してしまおうというもの。徹底的にコストパフォーマンスにこだわった結果、この“後載せ”というアイデアに至ったようです。PhoneDrone本体にスマホをはめ込んでしまえば、どこでも撮りたいときに空からの撮影ができる!

A0u6vIm8DtdJO4kFyk9weGjof5HV5Qz7KwYeZMTMfjM

基本的に、前方しか被写体を捕らえることができないスマホのカメラですが、専用ミラーを装着することにより、前方、真下、横の撮影も可能に。

飛行ルートを事前にインプット
Apple Watchで遠隔操作も

F6WTIcxFJe5cAXZ-jqQilTZD01UDT0BTqgQ5j2src5I

q4tqkGJHRHg757DYu10bMNwoQH2z-_4HWTienVkarfQ

さて、このデバイスが革命的である最大の特徴がもうひとつ。それがスマホのセンサにはじまりプロセッサー、さらにはワイヤレス機能が使用可能なこと。もちろん、iOS、Androidともに互換性はバッチリ。そしてApple Watchからも遠隔で操作ができてしまいます。専用アプリを通して、あらかじめ高度や飛行経路をインプットするか、他のデバイスを介して操作することもできます。

GXUVQmfp2I_O5K1LqaA1fEnQLHJwUwfElVNcj_AmvsI

とはいえ、スマホを天高く飛ばしてしまう訳ですから、落下による破損が心配?当然ながら寄せられるであろうその懸念点を、開発者であるJD Claridge氏は真っ先に保護機能の追求に取り掛かりました。ちなみに彼は航空宇宙エンジニア。耐候性、耐熱性、耐圧性に優れ、コンベヤベルトやウエットスーツの素材となるクロロプレンゴムを保護ボディーに採用。防水加工されたスマホケースを丸ごと収納することでき、タフネスはお墨付きだそう。

サイズや重量、そして価格がネックとなっていたドローンに革命を起こすPhoneDrone Ethosは、2016年秋より販売開始予定。価格は235ドル(約2万8,500円)!

Licensed material used with permission by xCraft

関連記事リンク(外部サイト)

1万円台で買える、手のひらサイズの「ドローン」
これがあれば疲れ知らず!?快眠に役立つ「スマートな指輪」が登場!
この映像が「どこで」撮影されたか、あなたは気付きますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。