ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これって無料?海外レストランでのミネラルウォーターの断り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Sakura Tanaka「スペイン・美食の街で女磨き♡ バスク地方サン・セバスチャンの美食クラブ”ソシエダ”体験の旅♫

TRiPORTライターのkamito努です。

海外でレストランに行くと、有料のミネラルウォーターを買うべきなのか、席についてすぐに持ってきてくれる水は無料なのかどうかなど、わからず困ってしまうことも多いはず。

そこで今回は、海外のレストランでの「水」について、そしてミネラルウォーターのスマートな断り方をご紹介します。

無料の水は基本的に水道水

レストランの席について、すぐに出てくる水は、基本的には水道水です。浄化された水道水ではない場合が多いので、その土地の水が合わなかったり、体調があまり良くないときに飲むと、調子を崩してしまう可能性もあります。ヨーロッパでは水資源がとても貴重な国が多く、無料の水が出てこないこともあるので、飲みたい場合はミネラルウォーターを有料で購入することになります。

2種類ある水に注意!

Photo credit: Katsuhito Watanabe「ソウルの美味しいものをたべつくそう

有料のお水を注文したい場合には、ワインなどアルコールやジュースを頼む際に、一緒にお願いしましょう。海外では、スパークリングの水(ペリエ)と、ガスの入っていない、日本で主流のミネラルウォーターの2種類ある場合が多いので、どちらかを伝えます。何も言わないと、とくに欧州では、スパークリングの水が出てくることも多いので注意してください。

ミネラルウォーターは、「still water」もしくは「water without gas」と言えば伝わります。ガス入りのスパークリングウォーターは「sparkling water」と伝えましょう。

親切でも、不必要ならNOと言う

Photo credit: トモテラ「マドリードからアンダルシアへ

観光名所では、日本の文化を知って、あえてミネラルウォーターやスパークリングウォーターを持ってきてくれるレストランもあります。また、席についたときに、水道水かミネラルウォーターかどちらにするか、と聞かれる場合もあります。

必要があればミネラルウォーターを頼めばOKですが、水道水でも問題ない場合は「tap water」と言えば伝わります。実際にスタッフ自ら水を持ってきてくれた場合でも、必要がなければ「No, thank you」と言えば、それ以上は強要されることはありません。

水道水、ミネラルウォーターなどの単語を知っておくと、より円滑にコミュニケーションができるかもしれません。ぜひ、楽しい食事にするためにも、コミュニケーションを恐れず、伝えたいことを伝えましょう!

ライター:kamito努
Photo by: Roger McLassus [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

関連旅行記はこちら

*Sakura Tanaka「スペイン・美食の街で女磨き♡ バスク地方サン・セバスチャンの美食クラブ”ソシエダ”体験の旅♫

*Katsuhito Watanabe「ソウルの美味しいものをたべつくそう

*トモテラ「マドリードからアンダルシアへ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP