ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

言い訳や反論は毒が増えるだけ 「いごおしまい」は使わぬが吉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のプロ野球ドラフト会議でいちばん目立っていたのは選手じゃなく彼――そう言われているのは、ヤクルトの真中満監督(44才)。

 1位指名が、明大の高山俊外野手(22才)で重複し、阪神との抽選に臨んだ場面。先にクジを開いた真中監督は両手を突き上げて喜びを爆発させ、「一緒にヤクルトでプレーしよう!」と熱く語ったが、実は真中監督がドラフト会議のロゴマークを「当たり」と勘違いしただけだった。

 その後の会見で「あのガッツポーズを返してほしい」とコメントしたが、現場では「間違えたのはそっちでしょ!」と呆れ笑いが起きていた。

 10月26日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(78才)が、「アスリート委員会」に、頭髪を短く刈り込んだ姿で出席。会議後「(新国立、エンブレムなどの問題で、記者たちに)きみらが責任を取れというから、いっぺん坊主にしたほうが楽だから」とジョーク交じりに笑顔を見せていたが、最後は「おれが、がんか何かで死んだらいいと思っているんだろ」と怒りを爆発させた。

 危機管理コンサルタントの田中辰巳氏は、過ちや罪を犯したシーンで状況を説明する時に肝心なのは「解毒」だと言う。

「言い訳や反論をすると、毒が増えるだけなんです。毒を薄める、消すという発想をして、言動できるかどうかがポイントです。そうしたときに使っちゃいけないのが、“いごおしまい”です。“い”は“遺憾”、“ご”は“誤解を与えた”、“お”は“お騒がせして申し訳ない”、“し”は“知らなかった”。この4つの言葉を使ってしまうと、それこそ“以後おしまい”になります」

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
成瀬・大引ら大型補強の理由は「ヤクルト創業80周年の節目」
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露
大型補強ヤクルト 真中監督は外国人をコントロールできるか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP